So-net無料ブログ作成
検索選択

ファッションチェック・アンソロジー 五姉妹編 [ファッションチェックアンソロジー]

エミリアのファッションチェック・アンソロジー (Anthology)
五姉妹編

これまで、2007年8月5日の記事をベースに新作コスチュームファッションチェックを増補してきた「Virgin家五姉妹編を、基本五職と同様に独立した記事としてアンソロジー化しました。これからも、随時、新作を追加していきます!(ちなみにルナこと暗黒エミリアもこちらに掲載してあります) by emilia


Emilia Gianino

地下実験室の悪魔ッ娘たち (2014.5.19)

Miyu 「さ、気を取り直して・・・続いてチェックするのはエミリアの新作コスチューム・・・えっと、名前は何だっけ?」

エミリ 「・・・ルレーヴブルーです」

Miyu 「そぉ、それです!」

emiliac03.jpg

Reko 「デザインのコンセプトはずばり空と海!乗馬スタイルを思わせる純白のサルエルパンツに鮮やかなブルーベルベットの大胆な左右非対称ジャケットの組み合わせがとってもお洒落!」

Miyu 「特に、非対称ジャケット故に露出した右半身(?)から覗くささやかな肌色が意外な程エロティック!」

Reko 「さらに、襟足で結んだアレンジポニーテールも可愛い!これでまたグラシエルロの愛情メーターが振り切れること受け合いよ!」

Miyu 「屹立するの?」

Reko 「何が?」

Miyu 「だからグラシエルロの・・・」

エミリ 「???」

Miyu 「ねぇエミリア」

エミリ 「・・・はい?」

Miyu 「あなた、着痩せするタイプ?」

エミリ 「ぇ?」

Miyu 「だって、このコスチュームで見ると、イヴェールを着ている時の特に太ももやお尻の肉付きの印象が全然違うんだもの?」 時代は紫!! 店番3

エミリ 「そ・・・そんなこと、わかりません!」

Reko 「というわけで、Miyu&Rekoのファッションチェ~ック、でした!」

はぅ・・・ありがとぉございました・・・

------------------------------------------------------------------------

プレゼントでしゅ。ごしゅじんたま (2009.12.28)

お嬢 「それじゃ、エミリの分はあたしがやるわね」

エミリ 「お願いね・・・自身のチェックはやっぱり苦手だもん」

emiliac02.jpg

昨今のエミリア専用コスチュームと比べれば、随分と大人しいデザインにまとまってるわね。確かに肩からバストにかけての露出はセクシーだけど、これだって賢者コスチュームと似たり寄ったりだし・・・。やっぱり、真っ赤と呼べる配色が無いのが原因かしらねぇ。あなたはピエロみたいだって言ってたけど、それはピエロキャップがあるからで、コスチューム自体は十分カジュアルよ。

お嬢 「あ、ただ・・・」

エミリ 「ただ、何?」

お嬢 「後ろ姿では、最近特にふくよかさを増したお尻が強調され、全世界数千万のエミリアフリークから絶賛される可能性はあるわねぇ」

エミリ 「そ、それは強調しなくてもいいのよ!」

お嬢 「あなたって、意外と安産型なのよねぇ」

エミリ 「もぉ!?」

------------------------------------------------------------------------

時代は紫!! 店番3 (2009.11.9)


え~と、あたしの新作もご紹介しますね・・・え?誰ですか?太腿がふくよかになったって言ってるのは?

emiliac01.jpg

時代は紫!! MiyuさんナナアルトジェイアーRekoさんスレンドクロリアおねえコルチカム、そしてセルバさんラベンダーと、新大陸にも紫を配色したコスチュームが増えてきました。このイヴェールコスチュームも、その紫を基調にしたフレアの効いた艶やかなビスチェドレスです。先日、聖魔原水を口にしたアンドレ先生が、高揚した精神の赴くままにデザインしたそうで、なんでも、あたしの身体に潜む秘められたオーラをイメージしたんですって。その時に着ていたプリマヴェーラがベースになっていると言ってたけど、それ以上に丈の短いスカート姿にグラシエルロもクラッときたみたいです、アハハ!ちなみにイヴェール(hiver)とはフランス語で冬という意味らしいのですが、肌色面積が半端じゃないので、真冬に着るにはちょっち躊躇してしまいます。

------------------------------------------------------------------------

La Primavera! (2009.4.1)


2009
年の2月、雑誌「電撃OnlineGamesコラボ vol.4」のHPで突然発表されたエミリア用新コスチューム。同331日、ついにお目見えしたのが、この「プリマヴェーラコスチューム」でした。

グレイス 「本人が自分ではやりにくいというので、今回はあたしと、お嬢が担当しま~す!それでは、恒例のグレイス・お嬢のファッションチェ~ック!」 

9774.jpg

お嬢 「まずは後ろ姿からね」

グレイス 「これまでのバルーンパンツを脱ぎ捨てて、とうとうスカートを履いた我が妹、それにしても何という超ミニ!?パンツが丸見えじゃないの!」

エミリ 「やだなぁ、グレイス姉ったら」

お嬢 「えっと、このプリマヴェーラコスチュームはハポン生まれの KiryuTsukasa という著名なデザイナーによって製作されたもので、テーマは“春”、まさに、今の季節にピッタリのコスチュームね」

グレイス 「それは言えてる」 

お嬢 「首に巻いた柔らかなスカーフと腰に付けた花のアクセサリーが、とってもキュート、可愛らしいドレスに仕上がってるわ」

グレイス 「妹が可愛くなると、姉としても鼻が高いわ」

エミリ 「あのねぇ・・・」

お嬢 「それじゃ、今度は前よ」 

9775.jpg

お嬢 「ピンクを主体とした、フレアの効いたシャツとスカートが春をイメージさせる一方、コルセットとオーバーニーのダークブラウンがアクセントとなって全体を引き締めてるわ」

グレイス 「ねぇエミリ、このコスチュームでレビテ、する気?」

エミリ 「な、なんで、そんなこと聞くのよ」

グレイス 「だって、やっぱり・・・丸見えじゃないの」

エミリ 「・・・でも、もぉ・・・

グレイス 「え~ッ!もぉやっちゃったの!それも、グラシエルロの前で!?」

エミリ 「やっぱり・・・恥ずかしいかなぁ?」

お嬢 「ぜ~んぜん平気よ、あたしたちの格好だって、似たようなモノだわ・・・肌色面積を比べたら、あたしたちの方がよっぽど大胆だし」

エミリ 「肌色?」

お嬢 「わ、悪かったわね!肌色じゃなくて褐色よ褐色!」

一同 「アハハ!」

------------------------------------------------------------------------

第二鉄砲隊西へ (2008.8.5)

続いて2008年5月に公募され、7月グレイス姉ヴェントと一緒にお目見えしたブルーバユーコスチュームを紹介します。

8041.jpg

こちらも5月コンテストで採用されたブルーバユー。青いバラをモチーフにしてデザインされた清涼感あふれるコスチュームなんだけど、グレイス姉に比べると露出の少ないおとなしいデザインよね。

グレイス 「え~、それだけ?」

エミリ 「他に何かある?」

グレイス 「あなたのバックスタイルも見せてよ」

エミリ 「え?あたしも、必要なの?」

グレイス 「うん!」

8040.jpg

フロントから見ればホットパンツスタイル、でも、この角度から見るとミニスカート、そんな不思議なデザインが結構お気に入りです!

グレイス 「生足のセクシーさを強調するなら、バックスタイルは外せないわねぇ・・・それに、腰の辺りに見えてる細い紐、もしかしてGストリングTバックとかはいちゃってる?」

エミリ 「もぉ~、そんなわけないでしょ!?」

ふぅ・・・自分自身のチェックって難しいわ・・・。

------------------------------------------------------------------------

ファッションチェック・アンソロジー 「Virgin家」五姉妹編 (2007.8.5)

それでは、今回のファッションチェック!はこれで終わりです・・・

グレイス 「あらぁ?あなたのファッションチェックはやらないつもり?」

エミリ 「え、あたし?あたしは、いいわよ」

アデ 「そういうわけにはいかないだろ?何と言っても全国一千万エミリアフアンのためにも・・・なぁ」

イッジ 「そうです、エミリねえさんもちゃんとやるべきです!」

お嬢 「自分をチェックするのがやりにくいなら、代わりにあたしがやってあ・げ・る」

エミリ 「え~ッ・・・・出来るの?」

お嬢 「こら、言ったな!」

それじゃ、やるわよ。え~と、最後に登場するのは「Virgin家の四女エミリアです!」でおなじみの、怒りんぼ、泣き虫、意地っ張り、お節介、等々、素敵な形容詞が並ぶエミリアです!

エミリ 「あ~、ひど~い!」

お嬢 「ちょっと待って、最後までちゃんと聞いてね」

これらを払拭して余りある、人の痛みのわかる優しさを持った、Virgin家アイドルであることに異を唱える人はいないでしょう!

グラシエルロ 「ここに一人・・・」

エミリ 「いい度胸ね・・・あんた・・・」

グラシエルロ 「あ、ハハハ、冗談だよ!」

お父上の意志を継いで博物学者として研究を続ける決心を固めた、そんな彼女の極めつけの一言は・・・

エミリ 「な、なによ!?」

嫌いな男と、こんなこと、しないもん・・・」でぇす!

エミリ 「きゃッ!?」

アデ 「なるほど・・・魂の叫び、だな」

リサ 「あらあら、エミリにこんな台詞を言わせた殿方の顔が見たいわねぇ」

グラシエルロ 「うぁ・・・汗が・・・(やっぱり、この家のオンナたちは・・・怖い!)」

エミリ初期装備、今どきの女の子が好きそうなへそ出しスタイルで、自称普段着がこれ。胸元の大きく開いた丈の短い可愛らしいバルーン・スリーブ・ブラウスと、裾をハイソックスで絞ったアラビアン・バルーン・パンツの組み合わせは、決して目を引く派手さはありませんが、何処にでもいる普通の女の子のコンセプトが見事に凝縮された素敵なファッションだと思います。

エミリ 「・・・(お嬢、なかなかやるわね・・・)」

それじゃ、次、巷では「賢者エミリア」というネーミングで呼ばれる、魔法使いスタイル、自称「翼の生えた天使」をご紹介しま~す!

こちらは、ちょっと畏まった席に着ていくフォーマルドレスシャツアラビアン・バルーン・パンツの組み合わせの妙をお楽しみください。ノーマルよりもより球形に近いちょうちん型の袖を持つ、肩や背中から胸元までを大胆に露出させたドレスシャツの、ちょっと背伸びをした女の子っていう感じがフアンにはたまらないんでしょうねぇ。(当初は、サーカスの玉乗りみたい、といった声もあったようですが・・・)

グレイス 「ねぇ、エミリア、こうしてあらためて見ると・・・」

エミリ 「え、何?」

グレイス 「あなたのバストって・・・垂れてない?」

エミリ 「う・・・」

グレイス 「もう少し、大胸筋とか腹直筋とかを鍛えた方がイイわよ」

アデ 「まぁ、誰かさんと比べりゃ、そこそこ大きいからなぁ・・・」

グレイス 「姉御、それ、あたしのこと?あたしだって脱いだら凄いんだから!

ソホ 「知らなかった・・・」

グレイス 「あ、バカ!」

一同 「!?」

イッジ 「・・・」


(ニムロッド橋=イベントにて)

賢者エミリアボーナスSSは、ニムロッド橋に突如現れた、シャペンベルガーザカースを相手にしたときの一枚です!背中の大きく開いたセクシーなバックショットじゃなくてごめんなさい! by お嬢


Adelina Esperanza

それは・・・ひ・み・つ (2012.1.1)

アデ04.jpg


姉御新作コスチュームブラックパールをご紹介します!姉御を慕う海賊さんからもらったらしいのですが、どぉ見てもその海賊を取り締まる側の軍服のようにしか見えません。もしかしたら、戦利品だったりして・・・。その名の通り黒をベースにゴールドを散りばめたカラーリングは、精悍な姉御にピッタリ!アドリアナ提督以下第2艦隊の将校さんたちが着用しているベスパニョーラ海軍の正規服ネイビーアドミラルと違い、こちらは女性専用ということで胸の谷間を強調したデザインとなっています。セットになったブラックパールハットの下から覗く明るいブラウンのショートボブヘアがとっても気になりましたが、姉御ったら、どぉしても帽子を脱いで見せてくれませんでした・・・ハァ。

------------------------------------------------------------------------


ナナ (2011.12.6)

アデ02.jpg


姉御が選んだのは旧コインブラ港の巨大な灯台へと続く通路、パステルカラーのグラデーションがとっても綺麗な夕陽をバックに、新コスチュームホワイトコスモスが映えます!姉御のこれまでのコレクションにはなかった腹部を露わにしたビスチェタイプのインナーといい、淡いピンクの美麗なコスモスをイメージした大振りなフリルをあしらったジャケットといい、腰に付けたコサージュ、さらには太股を晒したホットパンツスタイルまで、おねえの言う通り、これでもかというくらい女の子女の子しちゃってます!頭にお団子を乗せたホワイトコスモスヘアも可愛らしいったらありゃしない!

アデ 「もぉいいだろ!早くシャオのチェックをしておやりよ」

エミリ 「ダメダメ、まだよ!」

アデ 「まだ何かあるのか?」

エミリ 「ねぇ・・・眼帯、外してみてよ」

アデ 「・・・い、嫌だよ!?」

エミリ 「え~ッ!?いいじゃないの、お願いだからぁ!」

アデ 「ったく・・・」

アデ03.jpg

ご覧ください!めちゃめちゃ可愛い姉御です!しかも、この角度から見ると肌色面積がかなり広いのがわかります!これなら二十歳そこそこと言っても通用しちゃいそぉ!セクシー姉御、いよいよ始まったかも!!

アデ 「何を言ってるのか、意味が分からないぞ?」

エミリ 「いいからいいから、それじゃシャオの方に行って来るわねぇ!」

アデ 「ちッ・・・」

------------------------------------------------------------------------

クレアの旅立ち~コミカライズ化記念イベント第三弾 (2010.4.11)

アデ01.jpg


姉御
が身に付けているのは、黄色やオレンジ、ピンクといったガーベラの可憐な花弁をモチーフとしたガーベラコスチュームです。これまではどちらかと言えばモノトーンの地味なコスチュームを好んで着ていた姉御にとっては、驚くほどのイメージチェンジを実現しています。姉御のシャープな動きを邪魔しないオーソドックスなスタイルと斬新なカラーリングが融合して、新大陸一華麗な海賊の誕生です!同系色でまとめた髪飾りとトレードマークの眼帯がとってもお洒落!

ミフユ 「どぉされたのですかその衣装?」

アデ 「ヘレナが本国から取り寄せたらしい」

ヘレナ 「サーカス団にいた関係で腕のいいデザイナーを何人か知っていたので頼んでみたのよ」

アデ 「サーカス団の関係者だって?」

ヘレナ 「ご心配なく、彼らはサーカス団の表の顔しか知らない生粋の職人さんたちだから」

アデ 「なるほど・・・」

ミフユ 「まるで菊人形みたいです」

アデ 「ん?何だそれ?」

ミフユ 「ハポンの伝統的な工芸品で、菊の花や葉を細工して衣装としたものです」

ヘレナ 「このコスチュームのモチーフはそのキク科のガーベラだから見当外れじゃないわね」

------------------------------------------------------------------------

プレゼントでしゅ。ごしゅじんたま (2009.12.28)

ade01.jpg

ド派手なパイレーツハットと両肩にあしらわれた大振りな羽根飾りが、今まさに飛び立とうとする猛禽類の羽ばたきを彷彿とさせる、我が家の元祖デンジャラスビューティ御用達のサンタコスチュームです!豊満なバストを辛うじて包み隠すブラにちょんとのせられた白いボンボンが、姉御らしくない可愛らしさを演出してます!

アデ 「最後の一言は余計だろ!?」

と、申しております、ぁはは!

------------------------------------------------------------------------

棘のある白い薔薇!? (2009.5.29)

10259.jpg

姉御のイメージを一新するホワイトローズコスチュームがこれ。コンセプトは大胆な白い海賊服とのことですが、スタンドカラーの胸元が大きく開いたジャケットと、ミニスカートと見紛うばかりのホットパンツのコーディネートに加え、大きく口を開いたニーハイブーツ・・・まるでレビューから飛び出した男装の麗人みたい!胸元のデザインは白い薔薇の刺をイメージしてるんですって!袖とブーツ、それにジャケット中央に描かれた蝶の模様が、女性らしさの象徴として絶妙なアクセントになっています。

10261.jpg

姉御お気に入りの、背中を大きく飾る髑髏は、ファイターとしての闘志を掻き立てる特別な意匠なのかも知れません。(そぉいえば、アイリさんバンデラフィラタにも同じような意匠がありましたねぇ→氷魔の雪原
この後ろ姿のSSでは、太腿の背面だけを覆う不思議なデザインのレギンスが、ホットパンツと一体化してまるでセクシーなタイツ姿のよう。姉御のチャームポイント(?)である、形の良い引き締まったお尻を強調する、新たな新兵器の登場です!

エミリ 「ねぇ姉御、帽子も被ってよ」

アデ 「やだよ」

エミリ 「もぉ~、我が儘なんだからぁ・・・デザイナーさんに失礼でしょ!」

アデ 「ったく・・・」

10259b.jpg

姉御がなかなか被ってくれなかったホワイトローズハットがこちら。大胆と言えば大胆、鍔広の海賊帽から派生したデザインと思われますが、頭頂部が巨大な割に平坦なデザインだったため、実装直後から賛否両論が巻き起こり、その形状から、聖職者の儀式用ナースキャップ、はたまたコックハット料理長談)と、口さのない開拓者たちから揶揄される始末・・・。大胆にあしらわれた蝶の飾りなど、見るべきところも多いデザインながら、マーケットでもあまり好意的には受け入れられなかったようです。あたしは嫌いじゃないですけどねぇ・・・。

アデ 「もぉいいから、次、やっとくれ!」

エミリ 「はいはい」

------------------------------------------------------------------------

ファッションチェック・アンソロジー 「Virgin家」五姉妹編 (2007.8.5)

次にご紹介するのは、デンジャラス・ビューティアデリーナ姉御です!最愛の人や我が子までも失うという三年戦争での悲惨な体験を決して表に出さず、トレジャーハンターとしての胆力と華麗な剣捌きで世の男たちを魅了し続ける、頼りになるお姉様です!うちの居候たちも姉御には決して頭が上がりません、あ、もちろん、今カレのAkiranもです!極めつけは、そのAkiranに放ったこの一言、あたしを女王様とお呼び!」ですよねぇ。

姉御初期装備パイレーツ・ルックがこれ。耳元まで立ち上がったスタンドハイカラーに、胸元が大きくはだけたパイレーツ・シャツ、ごつッとした金具とベルトが特徴的なパイレーツ・パンツロングブーツ、ウェストをタイトに引き締めるコルセット等々、これぞ姉御デンジャラス・ビューティを絵に描いたようなスタイルとなっています。また、大振りなイヤリングが大人の女性らしさのアクセントとなっていることも忘れてはいけません!

続いては、改カードとして「賢者エミリア」「バトルスミスイッジ」「風のソホ」「戦闘料理人パンファルロ」らとともに私たちの目の前に現れた「海賊アデリーナ」の登場です!姉御ぉ、早く~!

このスタイルの特徴は、何と言っても鍔広海賊帽と、トレードマークの眼帯を外した涼やかな右目の造形ではないでしょうか?とっても義眼には見えませんよね、これ!誇らしげに白日の下にさらされた豊かな胸の膨らみを、申し訳程度に覆うVゾーン(っていうか、どう見てもUゾーン!?)とそこから垣間見える下着姿の艶っぽさは、大人の女性が持つ妖艶さと言い換えても間違いはないでしょう!まさに、トレジャーハンター(別名、海賊とも言う・・・ジャックスパロォー!姉御の真骨頂です!


(トルシェー屋敷別館にて)

エミリ 「次は、海賊コスチュームに身を包んだ姉御の再々登場です!」

アデ 「もぉいいよ、今までのトレジャーハンター姿と一緒だから・・・」

エミリ 「ダメ!やるの!早く着替えて来て!」

アデ 「う・・・」

海賊コスチュームに身を包んだ姉御の勇姿がこれ!鍔広海賊帽を脱ぎ捨てた、年相応の出で立ちが楽しめるコスチュームです。右目の義眼が眼帯で隠されているところも、既存のトレジャーハンター姿との相違点となってます。豊かなバストとは相反して、キュッと引き締まった小振りなお尻の造形が、このSSでは、確かめられないのがちょっち残念!

というわけで、もう一枚、姉御の後ろ姿を見事に捉えたSSを紹介しちゃいま~す!

アデ 「あ!ば、バカ!よせ!」

どうです?この、艶やかにキュッと締まったお・し・り!これぞ、姉御の隠されたチャームポイントなのでした・・・。


(デプリミダバレーにて)

海賊コスチュームを身に纏った姉御ボーナスSSは、曲刀ミドルガードで敵を薙ぎ払うバックスタイルを捉えた貴重な一枚です!

以上、エミリアの、悪乗りファッションチェック!でした。


Luna Emilia

ギガンテの少女 ~シャクミスの試験~ (2011.11.13)

ルナ02.jpg

ルナが着用している新コスチュームは、古くから伝わる死を予告するとされる妖精バンシー(ケルト語で‘妖精の女’を意味する)からその名をとったブラックバンシー。ご覧の通り、肌色面積過多ともいえる露出度の中に垣間見える退廃美がコスチュームデザインのコンセプトで、背後に回ればまさに黒魔術を自在に操る魔法使いそのもののイメージが強調されています。さらに、前髪を切り揃え全体をボリュームアップした新しいヘアスタイル(ブラックバンシーヘア)もルナの妖艶さを一層際立たせることに成功しています。ルナの持つ、美しさの中に潜む狂気という危うさの誘惑に抗うことのできる殿方が幾人いることでしょう・・・。果たして、クルーズさんの運命や如何に!?って、リオネルはどぉする気なの・・・?

------------------------------------------------------------------------

捨てられたコッコ (2010.7.17)

 (今回初登場となるルナですが一応五姉妹編の方に掲載します)


ルナ01.jpg

今回初めて実装されたルナ専用コスチュームがこのヴィオレイタ。ダークパープルを基調としたレザービスチェとミニスカートの組み合わせがルナの暗い魅力を引き立たせるゴージャスなムードを醸し出しています。昆虫類の羽根を思わせる燕尾腰布が覆い隠す(?)Tバックのボトムスと、同系色のニーハイブーツから覗く絶対領域の迫力に圧倒されます。コスチュームとコーディネートされた帽子は、Rekoさんwiz)のコレクションにありそうな華やかなデザインが特徴的です。

ルナ 「暗い魅力って何のことぉ?」

エミリ 「それはあなたの謎めいた存在感のことよ」

ルナ 「あら、わかってるじゃないの」

エミリ 「それじゃ一度それを脱いで、前のもチェックしちゃうから」

ルナ 「いいわよぉ」

エミリ 「あッ!?グラシエルロは出て行きなさいよ!女性が着替えをしてる部屋にいつまでいるつもり!!」

グラシエルロ 「わ、わかったよ」

エミリ 「もぉ・・・油断も隙もあったもんじゃないわ!」

ルナ 「あたしはべつに構わないのにぃ」

エミリ 「ダメ!!」


ルナ00.jpg

大胆でセクシーなホルターネックオープンテディスタイルのオリジナルコスチュームがこちら。漆黒のレザーに身を包んだルナを初めて見た時はこの世のものとは思えないほど驚かされました。まさに“妖艶な天使(悪魔かも?)”ここにあり、といった感じです。いくら燕尾腰皮で覆っているとはいえ、Tバックのボトムス丸見えのこの姿で街中を闊歩するなんて、これはもぉ犯罪だと思います!(本人は下着じゃないから問題ないと言ってますが・・・)

エミリ 「ねぇ、ルナ?」

ルナ 「なぁに?」

エミリ 「・・・あなた、着やせするタイプだったのね?」

ルナ 「ぇええッ!?嘘よぉ、そんなの!」

エミリ 「だって、オリジナルコスチュームだと太腿のラインが隠れていて気づかなかったけど、新しいコスチュームで見せちゃったふくよかな太腿・・・」

ルナ 「だ、ダイエットしなくちゃ・・・」 


Grace Bernelli

夏だ!水着だ!え~グレイス姉ったら、また脱いじゃったの!? (2011.8.9)

グレイス02.jpg

NPC初の専用水着としてついに実装されたグレイス姉専用のエメラルドサマーコスチュームがこれ。南国の海と花をイメージして明るく輝くパステルグリーンをベースにしたスポーティなビキニスタイルで、髪や腰、足首に配された鮮やかなハイビスカスの花が可憐なアクセントとなっています。とは言ってもグラナドエスパダのデザイナーは世の男性諸氏の期待を裏切りません!(え?)グレイス姉の引き締まった健康的なヒップを申し訳程度に包み隠すローライズパンツに加えて、まるで猛禽類の爪にガッシリと掴まれたようなトライアングルトップのパールホワイト生地がまるで素肌を透かしているかのように見えませんか?ね、言われてみるとそんな気になってくるでしょ、ぁはは!シンプルかつ大胆かつ刺激的なこの夏注目の逸品です!

グレイス 「あらためてチェックされるとさすがにちょっと気恥ずかしいわねぇ」

エミリ 「でしょでしょ!やっぱり水着は水辺でこそ・・・」

グレイス 「でも、無理~、この涼しさを味わったら後戻りはできないわ!」

エミリ 「ハァ・・・」

グレイス姉の言う通りなら、今頃街は水着を着た開拓者たちでごった返すっていうの!

------------------------------------------------------------------------

スーペリアブラスター (2010.6.10)

グレイス01.jpg

射手座の名を冠した、グレイス姉専用コスチュームル サジテール オプティミストがこれ。黒を基調として大きく肌を露出させたデザインにより、前作のイキシアでも見せた眩しいばかりの腹部を、またもや惜しげもなく晒しちゃってます!まさに大人のエロチシズム全開!それを見越してなのか、最近のグレイス姉、筋力トレーニングに励んでボディラインを引き締めてるって噂です、アハハ!あなたも見習ったらぁ?し、失礼しちゃうわね!?って、それはさておいて、射手座をイメージして胸に描かれた燃えたぎる矢のモチーフは、ひとたび散弾銃を持ったが最後、銃と同じですぐ熱くなってしまうグレイス姉のイメージにピッタリ!銀髪に映える誇らしげな髪飾りのデザインも、もちろん弓と矢です!

------------------------------------------------------------------------

あらたま ことほぎ (2010.1.1)

そしてそして!新年早々、お送りしま~す!恒例のエミリアのファッションチェ~ック!今回は、念願のカウガールスタイル、腰の括れが眩しいグレイス姉の登場です!

grace01.jpg

グレイス姉が着ているイキシアコスチュームは、牛の放牧を生業とする人たちが好むカウガールスタイルと呼ばれ、動きやすいシンプルなフォルムを持っています。丈の短いベストに眩しいばかりの原色ブラトップの組み合わせは、グレイス姉がこれまで見せたことのないお腹周りを大胆に太陽の下に晒しました。拍車付きのウェスタンブーツのサイドにあるプルストラップやカウボーイハットの中央に、コスチュームの名前の由来となっているイキシア(アヤメ科の植物で別名ヤリズイセンとも呼ばれています)がデザインされています。この出で立ちでサーベルタイガーに颯爽と跨るグレイス姉を是非見てみたい、アハハ!

グレイス 「何であたしがサーベルタイガーに跨らなきゃいけないの!?」

エミリ 「アリクイに跨るよりはマシでしょ?それに、ハポンの今年の干支は寅なんですって」

グレイス 「ぅ・・・」

エミリ 「にしても・・・30過ぎたら出来ない格好よねぇ」

グレイス 「ぁのねぇ・・・それ、どぉいう意味よ!」

エミリ 「ぁはは、聞こえちゃった?」

グレイス 「こう見えても、耳はまだ若いんだから!」

------------------------------------------------------------------------

プレゼントでしゅ。ごしゅじんたま (2009.12.28)

grace02.jpg

8頭身美人に変身した(?)グレイス姉サンタコスです!それにしても、何という脚の長さでしょう!?ヒールのあるハイアップブーツを履いてるとは言え、日頃から脚の短さを嘆いている某開拓支援本部ネズミ提督(筆者注:ヌネズ提督のことです)からすれば、これは噴飯ものですよねぇ、アハハ!真っ赤なキャノチェハット男装の麗人をイメージさせます!

------------------------------------------------------------------------

第二鉄砲隊西へ (2008.8.5)

次は、2008年5月に、サマーコスチュームデザインコンテストで公募された、新作コスチュームの登場です!

8038.jpg

5月に実施されたサマーコスチュームデザインコンテストで採用されたグレイス姉専用のコスチュームヴェントがこれ。何と言ってもオフショルダーの大胆なバックスタイルがとっても印象的!愛用のビスタとは一線を画した大人の女性をイメージさせるセクシーさが、グレイス姉の魅力を引き出しています。素材は通気性に優れ、真夏の照りつける太陽の下、惜しげもなく肌をさらすスタイルに、世の男性陣の眼は釘付け!

グレイス 「確かにバックスタイルのセクシーさは認めるけど、やっぱりみんなと同じようにフロントスタイルも必要じゃない?」

エミリ 「そう言うと思って、準備してあるわよ」

グレイス 「ナイス!」

8042.jpg

ということで、ヴェントフロントスタイルがこちら。ビスタから引き継がれた、はち切れんばかりのホットパンツスタイルや、ウェスト周辺の露出、網タイツの組み合わせ等々、十分にセクシーですが、それもバックスタイルの前では色褪せてしまう、そんな華麗なサマーコスチュームです!

エミリ 「でも、この暑さの中でもスナイパーハットは脱がないのね?」

グレイス 「こだわり・・・かな?」

------------------------------------------------------------------------

ファッションチェック・アンソロジー 「Virgin家」五姉妹編 (2007.8.5)

次にご紹介するのは、新大陸屈指のガンスミスグレイス姉です!ブリスティア陸軍情報将校出身という異色の過去を持つグレイス姉ですが、実は、底抜けに明るいお祭り大好き人間なんです!でも、もしかしたら、冷静沈着だった三年戦争までの自分と正反対の自分を無意識に演じているのかも知れません・・・。そんなグレイス姉は銃を乱射することでエクスタシーを感じるタイプなんです!極めつけは、ダブルガンズブラッディーオーバードライブを叩き込んだときのこの一言、久しぶりにズンズン感じちゃうわ!」ですよねぇ。

グレイス姉初期装備ブリスティア陸軍情報将校御用達制服がこれ。身体にピッタリとフィットした精悍なシルエットを持つダークブラウンを基調としたボディスーツで、グレイス姉のスレンダーなボディラインが惜しげもなく顕れています。スタンドカラーの外側にキリッと巻かれた赤いタイが印象的なアクセントとなっていて、ボディと同色のスナイパーハットとのコーディネートも完璧!

続いて、あたしたちの中では最も早くお目見えした新コスチュームの紹介です!(紹介文は当時の原文のままです)

ということで、ついにこの日がやってきました!!Aruse家の女たちを取り上げて、はや幾年・・・我が家では、お嬢だけが、唯一その恩恵に浴していた基本キャラ御用達のファッションチェック!、とうとうNPCコスチュームの登場で~す!パチパチパチパチ!!

待ってました!の掛け声と共に颯爽と現れたのは、我が家の三女、グレイス姉でございます。この、若々しい衣装は、ビスターコスチュームと呼ばれる、マーケットでもめったにお目にかかることの出来ない、とっても貴重なアイテムでございます。

グレイス 「どうでもいいけど、何なの、その喋り方は?」

エミリ 「あ、エヘヘ、なんか、初物を扱うというので、厳かな気分になっちゃって・・・」

アデ 「柄にもない・・・」

エミリ 「あ、酷~い!」

これまでの精悍なシルエットを持つ、ブリスティア陸軍制服と比べて、随分とカジュアルで、涼しげな感じのコスチュームに仕上がってます。色彩も、これまでの暗褐色のイメージをかなぐり捨てた、明るいグリーンを基調としたジャケットが、と~ってもお洒落!真っ赤なベルトを腰に巻いた、はち切れそうなホットパンツルックは、ジャケットの丈の短さと相まって、健康的なセックスアピールを振りまいています。もちろん、既存の制服も、身体のラインが惜しげもなくハッキリと顕れ、それはそれでセクシーだったわけですが、お腹周りの素肌の露出にノックアウト!明るく、お祭り大好きなグレイス姉に、ピッタリのコスチュームだと思います。

グレイス 「随分と気合いの入った、ファションチェックだったわね・・・ちょっと、恥ずかしいくらい・・・」


(セレステ湖にて)

グレイス姉コスチューム姿も、バックスタイルをご用意いたしました。それにしても、グレイス姉って、結構色白だと思いません?


Lisa Lynnway 

情熱のコスチューム!? (2011.6.8)

リサ04.jpg

おねえが着用しているのは、古よりその美しさで多くの人々を魅了してやまない薔薇をモチーフにして製作されたテンプテーションローズです。シックな黒と情熱的な赤い薔薇のカラーリングが鮮やかなコントラストを見せるとっても美しいコスチュームで、おねえの持つ大人の魅力をエレガントかつセクシーに表現しています。そしてそして何よりも、世のリサマニアにとっては覆い隠されることのなかった下乳の露出に注目が集まり、おかげでセイウチの売り上げが急上昇、前年同月比150%増しという驚きの効果をもたらしました!(カタイの商人が持ち込んだということなので、頭に被ったターバンのデザインがナジブさんのそれと似ているのも頷けます)

アデ 「ベリーダンサーだって十分露出狂っぽいと思うが・・・マニアの連中が何を考えてるんだかサッパリわからないね」

グレイス 「簡単よ、時代は生!たとえ僅かでもナマで拝める下乳に価値を見出してるのよ・・・それに今まのコスチュームには、上や横の露出はあっても下は初めてでしょ」

アデ 「んなものかねぇ・・・」

リサ 「二人とも・・・何の話をしてるのかしら?」

アデ 「蓼食う虫も好き好き、って話さ」

リサ 「???」

------------------------------------------------------------------------

月華深遠流 (2010.7.1)

久しぶりに登場するおねえ新コスチュームは、アルセンサーカス団の表の姿を演出してきたデザイナーさんによるとってもエキゾチックな逸品です!


リサ03.jpg

蟹座の名を冠したおねえ専用コスチュームル カンセール ドゥ ラ サンシビリテがこれ。アルセンサーカス団御用達のコスチュームデザイナーによる鮮やかなブルーをベースにした踊り子のイメージを彷彿とさせるコスチュームです。これまではフワッとしたシルエットを持つアラビアンスタイルのオーバーパンツを履くことの多かったおねえが、ついにそのオーバーパンツを脱ぎ捨て、タイトに下半身を包み込んだレギンススタイルを初披露。大胆にローライズされたバルーンパンツとの組み合わせがとってもセクシーです!また、ボディに纏った薄いベールのようなシースルーレースおねえのアダルトな魅力を一層際立たせています!兎にも角にも、格好イイおねえの誕生です!

------------------------------------------------------------------------

派閥対抗、補給戦 (2009.9.4)

ということで、新Virgin家でももちろんやります!恒例のエミリアのファッションチェック!おねえ、久々の登場です!

リサfc01.jpg

おねえが身につけているのは、新コスチュームコルチカム(アルメニアの古都コルキスを名前の由来とするユリ科の植物、別名イヌサフラン)。ご覧の通り、鮮やかなパープルの生地とシャンパンゴールドの装飾が美しい、エキゾチックな香りを漂わせるコスチュームです。特に、バストを申し訳程度に隠すベルト状のブラから大胆なローライズの短パン至るまでのセクシーなラインと、プロテクターを兼ねた大振りの腰飾りが、おねえの美腰力を一層引き立たせています。何と言うことでしょう!?(ビフォー&アフター風)この両腰のプロテクターを繋ぐバックルには、可愛らしいコルチカムの花がしっかりと彫り込まれていました!さらに、華麗なコルチカムを大胆にあしらったハーレムパンツと、そこから覗く足首に装着された、腰飾りと同じデザインを施されたプロテクターが、キュッと締まったおねえの足首を華奢に演出しています。

リサfc02.jpg

後ろ姿はこんな感じです!後ろ髪をザックリと束ねたパープルのヘアドレスといい、大振りな腰飾りといい、自己主張の強いアクセサリーに囲まれて、まるでストールのように見えるジャケット中央には、無防備なおねえの背中を儚げに演出するゴールドの飾りが揺れています。この角度から見るおねえの何という妖艶さ!きっと、おねえ目当てに店を訪れる旧来のリサマニアを狂喜乱舞させるだけでなく、新たなリサマニア量産の予感!

リサ 「あらあら、困ったわねぇ・・・」

エミリ 「ぁはは、何が困るんだか」

リサ 「もぉ、イヤな子」

------------------------------------------------------------------------

舞姫降臨!?憂鬱な依頼part2 (2007.10.10)

さぁ、お待たせしました!今夜も、もちろんやります!エミリアのファッションチェック、最初は、久しぶりにおねえチェックしちゃいます!


シルバーの装飾をふんだんにあしらったヘッドピースと、アップにしたウェーブヘアを左側頭部で束ねた、おねえの新しいヘアスタイルがこの「ベリーダンサーヘア」。以前紹介した「ベリーダンサーコスチューム」を身に纏って踊るおねえの姿は、妖艶なベリーダンサーそのもの!カフェセイウチで夜毎披露される舞姫ベリーダンスが、殿方の心を掴んで離さないことでしょう!

リサ 「あのね、お店のお客さんの前でこんなことするわけないでしょ」

エミリ 「え~、でも、今、踊ってくれたじゃない!」

リサ 「それは、エミリがどうしても!って言うから・・・」

エミリ 「ふぅ~ん、でも、人前で踊るの、結構、自信あるんじゃな~い?」

リサ 「もぉ、イヤな子!」

------------------------------------------------------------------------

ファッションチェック・アンソロジー 「Virgin家」五姉妹編 (2007.8.5)

最初にご紹介するのは、もちろん!我が家の大黒柱リサおねえです!カフェセイウチを一人で切り盛りし、コインブラの癒しスポットとして定着させてしまった手腕でもわかるように、日頃の言動からは窺い知ることの出来ない強固な意志の持ち主でもあります。極めつけは、昔の恋人に尽力を頼まれた際に答えたこの一言、あたしは開拓者・・・あなたと違って、戦争には興味ないわ」ですよねぇ・・・逃がした魚は大きいかもしれませんよぉ、ジェラルドさん!

おねえ初期装備、紫のストライプと不思議な幾何学紋様をあしらったハーレムパンツに、ブラウンの布を美しく編み上げたブラとをコーディネート。そのブラと同色の、ターバンをイメージさせるジプシーハットがオリエンタルなムードを演出しています。無造作に露出された腹部の筋肉の割れ具合が、おねえの真骨頂だと言っても過言ではないでしょう。

続きましては、世の男性諸氏を魅了してやまないベリーダンサーコスチュームに身を包んだ、我がVirgin家に咲く大輪の華、リサおねえの艶姿で~す!!ヒューヒューッ!

Sexy! ・・・この言葉以外に、おねえのこの姿を形容する言葉が思い浮かびません!
女性の美を極限まで表現するベリーダンスBellyDance>用衣装をモチーフとして製作されたのが、この「ベリーダンサーコスチューム」。ネックレスと一体となったフリンジ付きのホルタートップ・ブラと、同色のヒップスカーフによってかろうじて覆われた女性らしさの象徴を、まるで天女の羽衣を想わせるシースルーシルクハーレムパンツが優しく包み込みます。ヒップにあしらわれたバタフライの羽根を模した大きな飾りがとっても素敵!胸元に揺れるゴージャスなアクセサリーを筆頭に、ネックレスアンクレットアームカフスブレスレットといったシルバーゴールドの装飾品群と、大腿部や腹部に這わされたシルバーライン、さらには、下腹部で怪しく揺れるコインベルトが、光の加減でキラキラと輝くさまは、まさに、美の極致!思わず溜息が出ちゃいます!

リサ 「エミリア・・・やっぱり恥ずかしいわ・・・」

エミリ 「ダメよ!いつものジプシースタイルも嫌いじゃないけど、せっかく貰ったコスチューム、タンスの肥やしにする手はないわ」

リサ 「でも・・・」

エミリ 「おねえが照れるのもわかるけど、あたしだって出来ることなら着てみたい衣装ですもの、それに、この姿でお店に立てば売り上げ倍増も夢ではないわ、アハハ!」

リサ 「イヤな子・・・」


(骸骨の巣3階にて)

ボーナスSSとして、厳選した躍動感溢れるハント中のSSをご紹介します。ファッションチェック!ではほとんど眼にすることの出来ないバックスタイルを捉えた貴重な一枚です!


Idge Imbrulia

店番4 おねえとイッジ (2009.12.5)

それでは、今夜ももちろんやります!恒例のエミリアのファッションチェック!イッジ、久々の登場です!!

イッジc01.jpg

この新作鎧リリイコスチュームのテーマは、軽くしなやかなクラフトマン御用達のです。バトルスミスアーマーと比べても、鋼材を使ったプロテクトパーツを胸部のみとし、さらなる軽量化を実現しています。一方、華美な装飾や露出を極限まで排し機能性のみを追求した前作とは異なり、レガーズブーツに重ね着したスーパーニーハイソックスや、大きく肌を露出した腹部が、お年頃イッジの女の子らしさを主張してます。さらに、広く空いた背中を薄手のネットで覆ったジャケットの特徴的なバルーンスリーブキャップの意匠とコーディネートされ、トータルイメージを演出しています。この意匠は、鱗片が重なってできているユリ(lily)の球根をイメージしたもので、胸部のプロテクターに描かれた花弁のレリーフと共に、リリイコスチュームの名前の由来となっています。鋼の錬金術師渾身の超軽量鎧の誕生です!

------------------------------------------------------------------------

ファッションチェック・アンソロジー 「Virgin家」五姉妹編 (2007.8.5)

次に登場するのは我が妹イッジ、高性能金属鎧の開発をライフワークとする腕利きのアーマースミスです!リボルドウェを代表する鎧屋として名声を得た今でも、気に入った作品を作り上げるための実践テストを、自らも大剣を振りかざして続けています。そのため彼女のは寡作となり、選ばれた家門しか手に入れることが出来ない幻の逸品として知られています。我が家にもイッジの製造した作品がプロトタイプから揃っており、また、料理長戦闘鎧も彼女の作品なんです!そんな彼女の極めつけの一言は、家族が一堂に会して姉御Akiranの門出を祝った日、幸せ一杯の二人に向かって言った壮大な実戦テストですね、これは・・・」です!

イッジ初期装備クラフトマンシップに溢れる機能的なファッションです。普通の職人さんなら前掛けにするところを、彼女自身の手によるアーマーで代用するところなんか、彼女らしいなぁって感心しちゃいます。愛用のブラックスミスキャップとお揃いの左右非対称のパンツですが、元々お気に入りだったクラフト・パンツを作業中に裂いてしまったため、左膝から下をバッサリと切り落とし、切り口を布で縛って使っています。気に入った物は修理してでも使い続けるという、アーマースミスらしいこだわりが感じられますよねぇ。

続いては、昨年11月に実装されたイッジ戦闘特化バージョンバトルスミスイッジ」を紹介します。より戦闘に適した 「完璧な防具」を完成させるという、自らの夢を実現するために試作した新作鎧を身につけています。

この新作鎧のテーマは軽量かつ強靱です。動きやすさを第一に考え、必要な部位のみに良質の鋼材をふんだんに使用しつつ、軽量化に成功した機能的なのおかげで、イッジ自身のステータスも格段に上がりました。何と言ってもの下に着ているのは普通の半袖コットンシャツですもの!で、この新作鎧、真っ先に目に付くのは、まるで二つの球体をはめ込んだようなニー・プロテクターと、ありとあらゆる工具を携帯するポケットを数多く搭載したクラフト・パンツですよね!壊れたらその場で直す!華美な装飾を全て取り払い、機能のみを追求した高性能鎧の真骨頂がここにあります!


(テハドベルデにて)

バトルスミスイッジボーナスSSは、大剣を振りかざす彼女のバックスタイルを捉えた、スピード感溢れる一枚です!


コメント(0) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。