So-net無料ブログ作成
検索選択

Virgin Chronicle [このblogについて]

10680.jpg1487
フェルッチオとジルベルト、新大陸を発見・・・オポルトの女王トリエステの命で、新大陸の名は二人の功績を称え「グラナド・エスパダ」と命名された。
1488
新大陸二次探査、ポルトベルロの建設・・・オルぺシア周辺の2流国家として逼迫を受けて来たオポルトは、公式的に新大陸の所有権を主張、国を挙げて新大陸の開拓事業に着手し、ポルトベルロに移住民の為の港を建設する。
1489
ベスパニョーラ-タルガ不可侵条約・・・タルガの支援を受けていたナスル王国がベスパニョーラによって滅亡。その結果、オルぺシア大陸でのタルガの立場は微妙なものとなり、結局、ベスパニョーラ-タルガの両国は休戦し、不可侵条約を結んだ。
1490
コインブラ建設・・・オポルトは、開拓者が押し寄せたために飽和状態となり、港としての機能が麻痺しつつあったポルトベルロに代わる港を、初期の入植地コインブラに建設し始めた。このコインブラ港完成までの間、仮の寄港地としてコインブラの北の入り江に急拵えの港が造られた。旧コインブラ港と呼ばれたこの港は、海面の水位が下がり大型船の入港が不可能となったため現在は使用されていない。
1492
ベスパニョーラ国王サンチョ4世即位・・・
ベスパニョーラ国王フェリペ2世が事故で死去。王位は先王の弟が占めサンチョ4世として即位した。先王の王子はフェリペの名を継ぎ、大公に封爵された。
1494
オポルト、ベスパニョーラと合併・・・オポルトの国運をかけて進めた新大陸の開拓は、多額の国債発行により国家の破綻を招く。新大陸とオポルトの海洋資産を狙っていたベスパニョーラはこの機に乗じオポルトの国債を帳消しすることを条件に合併を提案、ベスパニョーラ王サンチョ4世とオポルト女王トリエステの結婚という形で成立した。
1495
コインブラ港1次工事完成・・・旧大陸と新大陸をつなぐポルトベルロに代わる新しい関門コインブラ港が1次完工された。

1497
10677.jpgエスペランサ姫誕生 リボルドウェ建設・・・サンチョ4世トリエステとの間に姫が誕生、エスペランサと名付けられた。その頃、新大陸の中部開拓における本拠地としてリボルドウェの建設が始まった。
1498
フェルッチオジャンクション建設・・・
リボルドウェとコインブラをつなぐフェルッチオジャンクションの建設が始まる。
1501
NOCCの創設・・・ベスパニョーラが新大陸の内政に干渉する為にNOCC(新大陸秩序統制委員会)を設立。この機関は、ベスパニョーラ王室(ある人は王室ではなく議会を構成していた貴族たちの中でも絶対的な権力を持っていた十人貴族の職名を受けて動いたと主張する)からの命令を遂行する機関で、オポルト系移住民の懐柔の為留任したフェルッチオ・エスパダとの対立が顕在化する。
1502
テトラ遺跡発見、4.3事変・・・NOCCの指揮の下、テトラの遺跡で大々的な発掘が開始された。参加した開拓家門は遺跡に眠っているといわれる凄まじい規模の宝物を狙っており、このことをトレージャーラッシュと呼んだ。若き探検家であり、博物学者でもあるロレンジョ・ジアニノが新大陸の原住文明説を確信し、独自に探査を開始する。そんな時、
無分別な発掘で地下墓地が崩れ落ち、発掘に参加した多くの開拓家門が生き埋めとなった。後に4.3事件と命名されたこの惨事で、テトラ遺跡の発掘は中断、幸い生き埋めを逃れた人々も、テトラの大回廊に突如現れた数え知れない魔物によりその殆どが死亡。この後フェルッチオ・エスパダはNOCCの政策にはこれ以上従えないと宣言、コインブラを発ち北方へ向かう。
救難騎士団発足・・・この悲劇的な事故に際し、献身的な救済活動を行ったヘンリ・フィナンの提唱により、救護機関「レスキューナイツ」が発足し、彼らはいまでも新大陸の最前線で、開拓活動と救難・救助活動を行っている。
1505
10678.jpgオーシュ建設・・・フェルッチオ・エスパダに従い北部へ移動した一部の開拓民たちが、現在のオーシュ地域に定着して都市を建設、主に職人たちから構成されたこの開拓民の集団により、オーシュは「技術の都市」と呼ばれるようになる。そのオーシュ初代市長にフェルッチオの側近であるレオナルド・リオが任命された。
1510
エスペランサ女王即位・・・ベスパニョーラ国王のサンチョ4世が逝去し、エスペランサ姫が女王に即位した。先王の王子であったフェリペ大公一派は正当な継承権を主張し猛反発したが、オポルト流民の民心の為だという名分の前に敗れた
フェリペ大公は、復讐と復権を心に誓い、大陸で最高の魔法師であるアルフォンソ・エルナンデスを筆頭とする、後に“十人貴族”と呼ばれる強力なシンパを形成し、雌伏する。
1512
フェルッチオ防壁の建設・・・北へ向かったフェルッチオ探検隊がカトヴィック雪原を発見、開拓地の安全の為、フェルッチオ防壁の建設が始まる。
ジルベルト・グラナド逝去・・・フェルッチオ防壁の建設途中、コインブラを魔物が襲う。切羽詰まったNOCCはフェルッチオに援軍を要請し、フェルッチオジルベルトと一緒に駆け付けたが、既に最前線が崩れ開拓民は船に乗って逃げるしかなかった。その際、フェルッチオは年寄りや、女子供を優先して逃がそうとしたため、命に危険を感じた船員たちが反乱を起こす。正規軍とモンスターそして反乱軍が入り混じった混戦の中、深手を負ったジルベルト・グラナドは51歳の生涯を終える。
1513
モントロに爵位授与・・・フェリペ大公の側近として頭角を現したモントロは、同時に魔術師エルナンデスに師事する。その後、フェルッチオに裏切られ十人貴族に身を投じた魔女ノヴィアと接近、二人の関係が社交界の噂の的になるのは時間の問題だった。この噂を知ったエルナンデスモントロを異例の子爵への推挙、モントロはついに十人貴族の一人として名前を連ねることに成功する。
1514
トルシェー博士、十人貴族に迎えられる・・・イノリーの若き天才科学者フェルナンド・トルシェーは、エルナンデスの説得でフェリペ大公の幕下に入り、十人貴族の一員となる。
1515
10679.jpgジャケン収容所建設・・・NOCCによってベスパニョーラの政治犯及び凶悪犯罪者を収容する施設、ジャケン収容所の建設が始まる。この後、徐々にジャケンは新大陸の暗く危険な場所へと変貌していく。
1517
オーシュ市長の暗殺・・・フェルッチオの側近で初代オーシュ市長となったレオナルド・リオが凶弾に倒れる。リオ市長が十人貴族の一人であるプリッツ・オラシオと頻繁に会っていたため、反十人貴族の動きによって命を狙われたとされていたが、実際にはフェリペ大公の意を受けたオルテガ・ブルホレンの手による暗殺だったことが、後にリオの忘れ形見ビセンテによって明らかにされる。
エラク大爆発・・・第3文明地域にて古代神の神殿を探していたロレンジョは、ナルという少年を雇い探査を続けていたが、新たに介入してきた巨大組織の誘いに乗ってロレンジョを裏切り、彼の発見した結界の入り口に案内した。ナルは対価を要求したが、答えの代わりに閃光が視界を塞ぎ、エラク周辺の村が炎も音もなく一瞬にして焦土と化した、と伝えられてきた。ところが、真実はそれとは異なるものだったことが後に明らかになる。エラク大爆発の原因は、当時の酋長ジャレンロレンジョの甘言により火の元素の封印を解いたことで引き起こされたのだった。ジャレンは己の心臓を差し出すことで生き残ったエラクの民を守る決意をして怪物ムファサと化し、ロレンジョは酋長の娘ハマンに働きかけ大爆発そのものの原因をアニアナルの記憶を改ざんすることで隠蔽し、ロレンジョの呼び寄せたアルセンをその代役に仕立て上げた。
1518
フェルッチオ・エスパダ逝去(?)・・・フェルッチオ・エスパダ死す。遺言は“多くのことを知っている者は多いが、全てを知り尽くした者はいない”だった。フェルッチオの死後、ポルトベルロに異常現象が起き始め、新・旧大陸を問わず難破された船が集まり始め、瞬く間にポルトベルロは海賊と魔物の生息地へと化し、コインブラにとって、大きな脅威となった。だが、フェルッチオは死んだわけではなく、生きているとの証言がエラクの戦士アニアの口から語られるのは15年後のことである。
1519
006b.jpg3年戦争勃発・・・新大陸の豊かな物資を得て国力と海軍を伸長させたベスパニョーラと、長い間オルペシアの覇者として君臨した島国ブリスティア。新・旧二つの勢力は、ついにオルペシア覇権をかけて衝突する。
NOCCの瓦解・・・3年戦争により本国が新大陸に力を入れられない隙を狙い、本国の政策に不満をもっていた開拓民たちがNOCC本部を襲撃し、これを瓦解させた。この結果、ジャケン収容所はモントロが密かに指揮する巨大な生体実験所に変貌を遂げる。
ベスパニョーラ-イノリー相互防衛条約締結・・・イノリーがベスパニョーラと相互防衛条約を締結し、ブリスティアに宣戦布告。大魔法師エルナンデスの交渉力が発揮された瞬間であり、また、背後で暗躍していた十人貴族とフェリペ大公の名声が大陸全体に広まった瞬間であった。
カトリーヌ・トルシェーの拉致・・・魔法師エルナンデスは十人貴族に合流したトルシェーの力を最大限利用するため、彼の愛娘カトリーヌを拉致した。当時、屋敷に奉公していたメイドを使ってカトリーヌに薬物を投与、仮死状態となって病院に搬送された彼女を事前に用意しておいた死体と入れ替えた後、病院に火災を起こして死体ごと証拠の隠滅を謀ったのである。以後、失意のトルシェーエルナンデスが要求する大量殺人兵器の開発に盲目的に協力するも、自分の過ちに気づき、全てから逃れる為、新大陸へと移住し外部との連絡を断絶って身を隠すことになる。
1520
リサ・リンウェイ(おねえ)、カフェセイウチを開業・・・当時、おねえにはジェラルド・ロレンという恋人がいたが、おねえが止めるのを振り切って、自ら進んで戦争という修羅場に身を投じていく。一人残されたおねえは、ジェラルドと暮らしたリボルドウェの部屋を捨て、コインブラに移り、そこでカフェ・セイウチを始めた。この年、おねえ19歳(若いッ!?)。
1521
YouTube-3.jpgバレアレス海戦、3年戦争終結・・・漁船や商船、拿捕した海賊船などをかき集めて編成されたベスパニョーラの赤色艦隊が、プリスティアの無敵艦隊を壊滅させたバレアレス海戦と、その後のベスパニョーラ・イノリー連合軍の本土侵攻により、ついにプリスティアは無条件降伏する。この海戦の際、ドスパレス号を配下のギレルモに奪われたアデリーナ・エスペランサ(姉御)は、部下と恋人、さらにはお腹の中にいた赤ちゃんまで失った。また、ブリスティア陸軍に16歳で任官し情報将校として活動していたグレイス・ベルネルリ(グレイス姉)は、戦後ベスパニョーラによる元ブリスティア軍将校の粛清から逃れ、新大陸へと渡った。そこでカフェの若き女主人おねえと出会い匿われることに・・・。
1523
レコンキスタ政策・・・エスペランサ女王によりレコンキスタ政策が発布される。戦争中おろそかにされていた新大陸を、再び総力をあげ開拓するというのがその趣旨だったが、その裏には、戦争貴族たちの爆発的なエネルギーを外に向けさせ、内地の安定を図るという意図が隠されていた。新大陸グラナド・エスパダに新しい時代が到来したのであった。
新大陸拓殖株式会社の設立・・・ベスパニョーラは、レコンキスタ政策を後押しする為、瓦解したNOCCに代わる機関として新大陸拓殖会社を設立、リボルドウェの本部長にリンドン男爵、コインブラ支部長にはヌネズ提督を任命する。新大陸は既に独立国家であると主張する旧移住民にとって、続々と詰め掛けて来る戦争貴族と新しい移住者たちによる社会混乱は、まさしく災難そのものであった。
1524
10676.jpgフェルッチオ・エスパダ像の寄贈、アルケルトモレッツァ大聖堂の建立・・・3年戦争の戦勝記念として、イノリーからベスパニョーラに巨大なフェルッチオ・エスパダ像が寄贈された。ベスパニョーラはこの他にも、開拓民の心をなだめる為に、アル・ケルト・モレッツァ大聖堂の建立を推進することにし、新大陸内外で名望の高かった大司教ディロスラテムを責任者に任命する。その頃、ギレルモ一味の手掛かりを求め、姉御は新大陸へと渡る。そんな姉御にリボルドウェの噴水広場で声を掛けたのが、現Aruse家のAkiranだった。姉御23歳、Akiran21歳の春のことである。(昔語りより)
1527
オタイト戦争勃発・・・十人貴族は女王の裁可を得ずに、東方の国タンインと正式貿易という名分を立てて密輸をし、それを通じて莫大な利益を手に入れた。肥沃な土地と特産物に魅力を感じた彼らは、タンインを属国化させようとして、「オタイト」と呼ばれる物質を加工して作り出した中毒性の強い薬品をタンインの民に広め、タンイン王国内部からの疲弊を企てた。
1528
大司教ディロスラテム処刑・・・アル・ケルト・モレッツァ大聖堂建立の全権を委任された大司教ディロスラテムは、工事中に発見した異様なエナジーを私兵を率いて封印するが、このエナジーに目をつけたモントロコルテスによって冤罪をでっち上げられ、公開処刑されてしまう。これによって、大聖堂建立、フェルッチオ像建設は、共に有耶無耶のうちに中止された。
コインブラ暴動と共和派の台頭・・・
本国ベスパニョーラによる、新地域開拓の都度設けられる制約、レコンキスタ政策の土台を創るために課された重税、非ベスパニョーラ系に対する差別待遇、さらに大司教ディロステラムの反逆事件により、ついに旧開拓民はコインブラを中心に暴動を起こすが、拓殖会社の要請を受け、本国が送った圧倒的な軍事力の前に、あえなく鎮圧された。その後、一部の移住民たちは、比較的本国からの干渉の少ないオーシュを中心に、新たな政治集団を結成し、新大陸から「本国」の干渉を追い出そうという目的で活動を始めた。彼らは自らを「共和派」と称し「新大陸では誰でも党を設立し、政治に参加できる」という女王の勅命を根拠に、自分たちの政治に参加する権利を主張したのだ。
1529
10668b.jpg王党派の形成、ガブリエラ姫の派遣(この時護衛としてカリュケが同行する)・・・新大陸拓殖会社は共和派の思想を反逆と見做して、各党首らに、彼らの党員認定を禁止する指示を出す。しかし、この処置は、むしろ大きな反発を呼び起こし、分裂状態だった共和勢力が団結するきっかけとなった。彼らの勢力が次第に広がりを増していくにつれ、拓殖会社もまた、中立的な党を中心に新たな政策を導入する。拓殖会社に従う党には様々な特権を付与し、新大陸人の意見を反映する政治を推進するという拓殖会社の発表に、本国及び王室寄りの党が参加し、彼らは共和派と区別する為、自らを「王党派」と称した。一方、この機会に便乗し、中立的な党を各派閥の傭兵として仲介する傭兵集団が出来始め、次第に新大陸全体は王党派と共和派の全面戦の様相に巻き込まれて行った。事態の収拾を図る為、ベスパニョーラ王家のガブリエラ姫を新大陸へ送る。

1530.04
Yoko(30)、Yuko(29)、Saya(お嬢24)によりVirgin家が創設される・・・本国の干渉を嫌い、拓殖株式会社の支配下から離脱しようとする家風に感銘を覚えた姉御(28)、おねえ(30)、エミリア(18)が相次いで家門に加わる。(本Chronicleにおける年齢は全て推定)
1530.05
10675.jpgコインブラの別離・・・おねえを慕うグレイス姉(26)を家に迎えるため、YokoYukoが家を出る。経済的理由で、一つ屋根の下にこれ以上の人数が暮らすことは考えられなかった。(当時は、バラック増設のためにvisだけでなく名声値が必要とされた)その後、
オルペシアから移住し、リボルドウェで鎧鍛冶を志していたイッジ(16)が加わり、Virgin家五姉妹と呼ばれるようになった。当時それぞれの出自については、お互い異母姉妹、異父姉妹と紹介されていた。(実は、知らなかったのはエミリア一人で、後にそのことを知ってショックを受ける)
Yokoが新Aruse家を興す・・・没落していたリボルドウェの開拓家門Aruseを、Virign家を出たYokoがその名跡を譲り受けてこれを再興、旧Virgin家からYuko、旧Aruse家よりReko(29)、Miyu(25)、Akiran(26)が加わる。
開拓支援本部の命でディロスラテムを討伐・・・アルケルト大聖堂にディロスラテムの亡霊が出没するというので、その討伐を命じられる。
1530.06
アンドレ先生錯乱
・・・ブリッツの勧めで、オルペシアから新大陸へと移住していたイノリー出身の衣装デザイナー、アンドレ・ジャンジール。リボルドウェの一角(現アンドレストリート)に店を開き以後先生と慕われていた彼は、廃墟となったアルケルト大聖堂から採取された聖魔水を口にしたことで理性を失い荒れ狂う。そんな先生をなんとか昏倒させ、正気に戻したのはVirgin家のチーム姉御だった。
ディロスラテムと共にモンスターゲートを破壊・・・アンドレ先生の依頼で大聖堂2階にある祭壇に白い布生地を納めようとしたところ、先日退治したはずのディロスラテムの亡霊が再び現れ、今度は、彼の私兵と共にモンスターゲートを破壊する。ディロスラテム10659.jpg刑に疑問を持つきっかけとなった出来事だった。
Virgin家、男爵に列せられる・・・当時、爵位を得るためにはジャケン収容所最奥へ到達する必要があった。ジャケンマラソンと呼ばれたそのミッションをエミリアが見事にクリア、その結果、Virgin家は立党権限を持つ男爵に列せられることになった。
姉御出奔・・・これが、姉御の敵討ち完遂のためだったことが、後で明らかになる。
ポルトベルロ秘密の部屋探索・・・火砲匠ホセの依頼でポルトベルロキャビンにある秘密の部屋をMr.アビシニアことウンボマの協力を得て探索。Mr.は我が家創設以来初の男性キャストとなった。
宝物泥棒撃退・・・テトラヒルのコロシアム跡に逃げ込んだ宝物泥棒ラミロを撃退に向かった姉御たちが見たものは恐ろしげな巨大モンスターたちだった。

1530.07.18 現世開始(前世の歴史は追憶の彼方へ)

1530.07
グラシエルロが我が家に・・・コインブラの不良グラシエルロカミユの市場で狼藉を働く。駆け付けたグレイス姉の一撃で倒れ伏した彼はVirgin家に加わりたいと申し出る。その直後、展望台を根城としていたチンピラたちと大立ち回りを演じたものの突然現れた白髪の老人プリッツに完敗。それ以後、己の力を磨くため果たし合い紛いの格闘戦を続けるグラシエルロだったがカミユの兄エボリテ蹴り殺してしまう。実は思いを寄せていたカミユに対し取り返しのつかないことをしでかしてしまった失意の彼を立ち直らせたのはあのプリッツだった。翌8月、師匠プリッツの課した全ての修行を終えグラシエルロは晴れて我が家の一員となった。その修行の過程で彼は後に我が家に加わるプリッツの高弟リエヌと出会っていた。
10081b.jpg姉御、敵討ち完遂・・・前世での姉御の出奔が、敵討ちのためだったことが判明する一方、グレイス姉の出自とVirgin家五姉妹の秘密が明かされる。
テトラ大回廊でロレンジョ博士の痕跡を発見・・・行方不明となっているエミリアの父ロレンジョが、立ち寄ったと思われるテトラ大回廊で、彼の直筆のメモが発見される。そのメモには、引き続き雪原の探査に向かうと記されていた。
ロルクが我が家に・・・ひょんなことからオーシュの鉄砲商ロルク好意を持ったお嬢の尽力により、実家からの圧力をはね除けて新大陸で生きる決意を新たにした彼はベスパニョーラの名家プルホレン家次期当主だった。
1530.08
カトリーヌ(LisaMarie)誕生・・・トルシェー屋敷の主トルシェー博士は病で死んだ(当時博士自身がそう語った)娘を魂を宿した球体関節人形として復活させ、その娘を預かるようグレイス姉に依頼する。同じ頃、Aruse家より二人目のカトリーヌ(AdeMarie)編入の打診があり、数日のうちに我が家のカトリーヌ二人となった
1530.09
姉御ゴールイン?!・・・1924年に初めて出逢った姉御とAruse家のAkiranがその後の紆余曲折にもめげず晴れてゴールイン!(1537年8月現在、正式な入籍は確認されていない)

オーシュマスケッティアの反乱・・・開拓民の無法に業を煮やしたオーシュマスケッティアの大部隊が、街の静謐を取り戻すため、開拓民に向けて銃を放つという事件が勃発した。
1530.10
ソホが我が家へ・・・グラシエルロの友達で強化商を営むコインブラの漁師ソホが我が家へ加わった。当時彼はおねえに好意を寄せていたが、その後諦めている

10662.jpgチューリンゲン森にクリサリスが出現・・・ジャケン最奥に生息すると言われていたクリサリスが、突如チューリンゲン森の共同墓地に現れた。集まった開拓者によって急遽討伐隊が編成されたが、それをあざ笑うかのようにクリサリスは悠々と姿を消した。
ウスティウル前進基地が襲撃される
・・・ウスティウルに渡った姉御たちを待っていたのは、モンスターたちの前進基地襲撃だった。
イッジの店に泥棒が入る・・・テトラ大回廊を根城とする泥棒たちに、新作鎧の設計図が盗まれる。グルトルデ・ピーターソンの活躍で泥棒たちを一網打尽にして一件落着。この時の出会いで、イッジの心はグルトルデに傾く。
ベラのコレクションルームがモンスターに襲われる・・・ナジブが手に入れた珍しい家具の鑑定を鑑定士ベラに依頼したところ突然モンスターが出現した。見慣れぬ家具はモンスターが姿を変えていた物だった。
1530.11
ジャングル3区入り口のティラノサウルスを倒す・・・3区進出を阻んでいた強敵ティラノサウルスをチーム姉御が退治。

ロミナから失踪した斥候兵の捜索を依頼される・・・この斥候兵の話から、骸骨の巣に貴族風の男が出入りしていたことがわかる。そのことがきっかとなり、開拓総指揮グランディスと第二中隊長ロミナの対立が顕在化し、ロミナは繋ぎとして部下のテイアVirgin家に送り込む
10660.jpg兎追祭に巨大な兎が現れる・・・無抵抗の巨大兎を他の開拓者と共に血祭りに上げたグラシエルロの姿にショックを受けるエミリア、数日後、オーシュにも同じ兎が現れ、オーシュ兵と密猟者との間にトラブルが勃発、仲裁に入ったロルクが負傷する。
1530.12
三人目のカトリーヌ誕生
・・・LisaリンAdeリンに続く三人目のカトリーヌChariリンことCharisMarieが我が家へやって来た。
ブルーニが我が家へ・・・リボルドウェ在住のトレジャーハンターブルーニが我が家に加わる。彼女はロルクとは旧知の仲で、後々、お嬢との間で
ロルクを巡る女の戦い(?)が勃発する。
リンドンの調査・・・探偵グルトルデに協力してトルシェー博士の研究日誌とジャケン収容所の管理日誌を集める。それらの依頼は開拓支援本部長リンドンによるものだったが、深入りしすぎたことでドミンゴ釘を刺されたグルトルデは、身の危険を感じ我が家への加入を申し出る。(単に家賃が払えなくなり当時のアパートを追い出されだけとの説もあるが?)
パンファルロが料理長に・・・イッジから専用の鎧をプレゼントされた炎の料理人パンファルロが我が家の料理長に就任。
1531.01
骸骨の巣で発見された水晶骸骨を調査・・・この調査の最中、骸骨の巣2階でロミナモントロに襲われピンチに陥る。この時、ロミナの窮地を救ったのは、対立していたはずのグランディスだった。これがきっかけとなり二人の関係は修復へと向かう。
1531.02
2863b.jpgエスペランサの滝を発見・・・直前にベテラン覚醒を果たしたチーム姉御が、祝いの酒が抜けぬまま突入したジャングル4区入り口で巨大恐竜ブラキオサウルスを倒す。そのまま4区に進出した姉御たちは、南端で雄大なエスペランサの滝を発見すると共に稀少恐竜スピノサウルスを討伐する。その報告を耳にしたロミナはVirgin家の実力を認め、あらためて帰属を申し出る
傭兵団ギルド・ベガディーラ開設・・・10年前に別れた恋人ジェラルドとの再会に動揺するおねえの元へその妹プリシラプリス)が訪ねてくる。
1531.03
プリス、ならず者に襲われる・・・頻発する窃盗事件の犯人をチューリンゲン湖畔に追い詰めたプリスはそこで待ち伏せていたならず者の集団に襲われてしまう。この窮地を救ったのは同僚のJohannだった。
タブカル高原の調査・・・割れた地を訪れたチーム姉御は高原調査員の依頼を受け、ビアプルビアル、デプリミダバレーカピバラ地下農園などを調査探索する。
Mr.が連続殺人犯を捕縛・・・オーシュの街で起こった連続殺人事件の犯人がアビシニア人だったことでたまたま訪れていたMr.に嫌疑が掛かる。この時Mr.を最初に取り調べたのがプリスの恋人Johannだった。
1531.04
ニムロッド橋に巨大モンスター襲来・・・ニムロッド橋に突然現れたシャペンベルガーザカースとその取り巻きたち。大勢の開拓者が力を結集してこれらを撃退した。
姉御、Akiranと一緒に婚前旅行?・・・そのまま家を出る決心をしていた姉御を引き留めたのは、お嬢の涙だった。
1531.05
10681.jpgジャケン収容所に不穏な動き・・・収容所に出入りする貴族の噂を確かめるために、収容所探索が開始された。そこで見たものは、モントロによる恐ろしい生体実験の犠牲者たちの変わり果てた姿と元ブリスティア特殊部隊のガルシア・ヒンギスだった。この事件後、収容所で拾った認識票の人物を探してGracen(本名Margaret)と共に再び収容所を訪れたグレイス姉は、収容所から脱走してカトビック雪原に逃れていたかつての友人デリックと出会う
1531.06
カトヴィック雪原調査開始・・・第三中隊長ルデザービシハの依頼を受け、消えた村の調査に向かうVirgin、Aruse両家。北西方面の調査を終えた一行はかつてこの地で起こった悲劇の一端を知ることに。この調査のさなか、リリーンハートの洞窟のすぐ側で謎の男インビエルノと出会う。
姉御、帰還
・・・ブリスティアから雪原まで各地を転々とした姉御Akiran、一足先にAkiran帰して一人でカタイに渡った姉御が、ようやく帰ってきた!姉御はこのカタイ行きの途中アイラワンエンジらと出会っている。
1531.07
アイラワン新大陸へ・・・カタイの市場で姉御が出会ったプラテトゥシアンの若き格闘家アイラワンが新大陸へ。開拓支援本部の依頼を受けリボルドウェ周辺で開拓活動を開始するが、リンドンが発行した推薦状を手に再びコインブラへやって来た際に正式にVirginの一員となった。
ベスパニョーラ、バハマル開拓の再開・・・ウスティウルジャングルの北部に広がる広大なバハマル地域は、かつては西部大陸開拓への要衝として重要視されていたが、行く手を阻む沼地と凶悪なモンスターによって行方不明になる開拓民が後を絶たず断念されていた。この年、本国ベスパニョーラはイゴルニー男爵を開拓責任者として送り込み開拓を再開した。
ゴータ公園の決闘・・・オーシュの魔法道具商ミ・カルヤライネンアンドレ先生とゴータ公園で決闘に。かつてカリスマデザイナーと称された彼女はそのデザインを先生合法的に奪われた経緯があり、その復讐だった。決闘に勝利したアンドレ先生は彼女を弟子に指名するが、彼女は先生と同じ屋根の下で暮らすことを良しとせずVirgin家の門を叩いた。(ちなみにこの二人は二年後に再び対決し、その時はカルヤライネンが勝利している)
テトラ大遺跡地下墓地にて隠された廊下を発見・・・中には複数の宝箱があり、古い紙幣などのガラクタ(?)が見つかった。
ポルトベルロ制圧戦・・・ポルトベルロのモンスターによるコインブラ襲撃を阻止する。
10666.jpgYokoの双子の妹が我が家へ・・・長らく他家へ預けられていたAruse家当主Yokoの双子の妹が、里親の没落のため、我が家へやって来た。ハポンの文化をこよなく愛するファイターで、名前はアイリ
ウルリックとビキに出会う・・・ベスパニョーラの有力な地方領主だったウルリック・エルネストは家門代々継いで来たフェリペ大公との縁から自然と十人貴族の一員になった。しかし、十人貴族の内でも裏切り者扱いされているプリッツや、トルシェーグランディスらと親交を持っていた彼は、十人貴族でいることに疑問を抱き、孫のビキをつれ、全てをなげうってベスパニョーラを出奔した。トルシェー博士ビキの将来を託すため、おねえの元に書簡を届け、彼らとの仲介役を買って出る。テハドベルデでおねえたちを待っていたのは、今まさにウルリックを亡きものとするために現れたシャルリンと其の召喚獣たちだった。
1531.08
第1回代表者選挙公示・・・当時も今も、選挙で選ばれた代表者にマーケットの積立金という開拓民の血税の使い途を無条件で一任するだけの儀式と化している。派閥に属さなければ生きていけない世界・・・Virgin家のみんなが夢見た世界とは違う・・・。
四人目のカトリーヌ誕生・・・セイウチマニアの一人だったGitan家の三男坊Julienからの申し出で四人目のカトリーヌRoseMarieが我が家に。ちなみにこのJulien、後にブルーニ恋仲になっている。
エンジが我が家へ・・・以前カタイで姉御と知り合ったブリスティア出身のエンジ・ショルリが両親には内緒で叔父であるジャックを尋ねて新大陸へ。彼女が新大陸で生活することに反対だった叔父を納得させるため課せられた課題を全てこなし、我が家の一員となる。
ちびっ子ギャングによる盗撮事件・・・言わずと知れたちびっ子ギャングラミロティビュロンビキを仲間に引き入れ水着姿で沐浴するAruseの女たちを盗撮。Yokoにその現場を押さえられ厳しい叱責を受ける。
10667.jpgニムロッド橋がモンスターに襲撃される・・・海水浴から帰宅途中のアイリお嬢ロルクがニムロッド橋でモンスターの襲撃に遭遇。果敢に戦闘を挑むも、デカラビアの呪いを受け、敢えなく昏倒。この時、ほぼ同時に、クィーンズゲート、チューリンゲン湖畔も同様の襲撃を受けていた。
氷魔塔の悲劇・・・ロミナの親友だったIreneが、氷魔塔1階でモンスターの襲撃を受け、命を落とす。
リリーンハートの調査・・・この時、インビエルノにスープ材料集めを依頼されるが、これが憂鬱な依頼となって、我が家に重くのしかかることに。
1531.09
バハマル開拓の開始・・・イゴルニー男爵の依頼でバハマル開拓を開始するが、レオノラとシエラという沼地の魔女と出会い、開拓の意味を問い直すことに。そんな折、男爵の秘書であったシャロンが裏切り、シエラの誘拐を企てるが、現れたブリッツにより阻止される。その後、シエラの元を尋ねるブリッツとグランディスの姿があった。
1531.10
氷魔の雪原にラバリーフが出現・・・フレイムゲートの奥にいるBossモンスター、ラバリーフが突如氷魔の雪原に現れる。駆け付けた開拓者の手で何とか討伐に成功するが、その直後、聞こえてきたのは、天の声だった。
ロミナ、ロストルドスを調査・・・新大陸で罪を犯した犯罪者達が集う場所があるとの噂を確かめるためロミナテイアと共にポルトベルロの調査を開始する。そこで彼女たちが出会ったのは死者の大地を徘徊するアンデッドだった。
おねえ、ロストルドスへ・・・ロストルドスを訪れたおねえはそこで名も無き者と呼ばれるカートと出会う。彼は自分がリンドンに付け狙われていると語り、部下である記憶を探し求める男エデュアルドとの連絡役を依頼する。その後、モントロの二度にわたる襲撃を受けるが、これを撃退する。そして死者の大地にオタイトの力を求めて現れたリンドンによりリンドンと彼らの因縁が明かされる。カートエデュアルドの始末を条件にロストルドスを出てVirgin家の一員となることを提案、それを受けたおねえは始末という言葉を後始末、即ち禍根を残さないための事後処理と解釈して二人の確執を収めることに成功する。
1531.11
10669.jpgMr.、Miyuとアビシニアへ帰郷・・・Mr.がアビシニアにいる母親の病気見舞いの為、恋人Miyuを連れて帰郷。港には二人を見送るVirgin、Aruse両家の者たちが集まった。この二人の出発を皮切りに、姉御Akiranグレイス姉ソホロルクお嬢エミリアグラシエルロと子供たちが、それぞれの目的を胸にに出る。なお、この直前に名も無き男カート、ウスティウル開拓総指揮グランディス、記憶を探し求める男エデュアルドが相次いで我が家の一員となっている。
1531.12
ラワン、シャオと出逢う・・・オタイト戦争後、中毒患者を多く出したオタイトの原料となる神秘のパウダーの謎を解く為、タンイン皇室近衛隊長の娘であるソソが派遣されてきた。しかし、コインブラへの入港と勘違いしてギガンテアイランドに降り立ってしまい、そこで保養に来たラワンと運命的な出会いを果たす。ちなみにシャオは我が家におけるソソの愛称。
Xmasイベントの最中、エデュアルドが旅に・・・失われた記憶を取り戻す為、ブリスティアへと旅立つエデュアルド。彼が次にVirgin家に戻るまで、実に1年半もの期間を要することになる。
ジャケン討伐隊に参加・・・ジャケン収容所の異常な力が、ある一点から流れ出ていることを突き止めた開拓支援本部は、その異常な力の根源を撃破するための討伐隊を編成、Virgin家もこれに参加した。この討伐戦は共和派と王党派の共同作戦として実施されたが、討伐戦終了間際に現れたガルシアを、一連の異常事態の元凶と見た開拓支援本部は彼の捕縛令を下す。一方Virgin家はシモンの依頼を受け、そのガルシアを保護するために彼の足取りを追う。
1532.01
10664.jpgノヴィア封印・・・フェルッチオウォールからガルシアを追ってやって来たインビエルノのキャンプには、フェルッチオの遺産を手にする為に必死になるエデュアルドの婚約者セルバがいた。その直後、突然現れたモントロによって、ノヴィアの封印を解く鍵となるペンダントを奪われてしまう。一刻を争う中、アイリAdeリンお嬢、それにセルバガルシアの5人が氷魔塔へ潜入、ノヴィアの復活を阻止することに成功する。その際、重傷を負ったガルシアは、アイリの献身的な看護によって一命を取り留めた。
コインブラがレイドモンスターたちに襲撃される・・・激闘むなしく、コインブラへの侵入が時間の問題となったその時、以前、氷魔の雪原でラバリーフを倒した際に聞こえた、あの天の声が再び聞こえてきた。「無益な開拓をやめよ・・・この地は、お前たち人間だけのものではない」
1532.02
プリッツの高弟リエヌが我が家へ・・・かつてグラシエルロが修行中に対戦したプリッツ師の高弟リエヌがVirginの一員となる。
1532.03
10671.jpgセデクレムへの道が開く・・・本国が次なる開拓の地として指定したセデクレム。この日、そのセデクレムへの道が一般の開拓者たちにも開かれた。バハマル地下鍾乳洞から入ることのできる小洞窟で待ち構えるジャイアントキーパー討伐に立ち上がったのは、当時の王党派執政であった。
1530.04
ビキ、襲われる・・・デビルバレーを訪れていたビキがイチゴヘッドことシャルリンに再び襲われるがアララットによってこれを撃退する。ビキはこの時倒したトレジャーゴーレムとタキオンの破片を持ち帰り新スタンス、テスティスを習得する。
白虎が我が家へ・・・トンイェから新大陸へやって来た白虎プリッツ師の名を騙るモントロによって人間離れした力を与えられ傍若無人な振る舞いを見せていた。我が家の格闘家たちを次々に撃破する彼の前にプリッツ師モントロ自身が姿を現し、全てを悟った白虎はVirgin家に加わりモントロへの復讐を誓う。
巨人の内部に潜入・・・腐敗した大地で見掛けたセルバを追って、イゴルニー男爵と共に、ダンジョン巨人の内部に
潜入。そこには、モントロを追うエデュアルドと、そのエデュアルドを追うセルバの姿があった。彼らの前に立ちはだかるのはコルテス伯爵の腹心シャロン。二度の対決を経て、ついにモントロ本人が現れ、コルテスを何処かへ連れ去ってしまう。
1532.05
オーシュ大乱動・・・オーシュの街中にネズミが大発生した事件。原因はオーシュで強化商を営む吟遊詩人のビセンテリオが奏でる“黄昏の歌”だった。
1532.06
6925b.jpgビセンテリオが我が家へ・・・初代オーシュ市長レオナルドを父親に持つ吟遊詩人ビセンテリオが本人の希望によりVirgin家の一員に。この時力試しの相手に選ばれたロルクとの因縁は、後に大きな問題として我が家に暗い影を落とすことになる。
feso勅令・・・エスペランサ女王の勅令により、オルペシアの基軸貨幣fesoが新大陸に導入される。しかし供給量の不足によりvisとの交換レートが高騰、対策として数度にわたりイベントによる流通が図られたものの、
根本的な解決には至らなかった。
クレアがソケット商を開業・・・リボルドウェの武器商人クラウドボネの養女として育てられたクレアは、養父の意に従ってソケット加工技術を習得していたが、いつしか大剣や火砲のような兵器扱う事に関心を持ち始める。そして、ついにボネの元から離れ、一人オーシュで自活する道を選ぶ。その後、ボネの出す難題に全て応え、晴れて我が家の一員として今日に至っている。彼女の出自についてはナジブボネの口から“あの親にしてこの娘か”という言葉を聞いたことにより、母親が有名な開拓者であることは間違いがないと思われるが、真実はまだ闇の中である。(数年後その母親が開拓王グランディスであることが明かされる
大闘士大会開催・・・我が家の格闘家がその技と力を競う大闘士大会が開催された。小さい頃出場した大会で白虎に手痛い負けを喫したシャオのトラウマを除くためにグラシエルロが企画したもので、結果はシャオの優勝、吹っ切れたシャオは持ち前の明るさを取り戻す。
1532.07
小さな傭兵カリュケが我が家へ・・・かつてガブリエラ姫が新大陸渡航の際、船上で襲われた彼女を守った傭兵カリュケのもとへその姫から調査の依頼が舞い込む。内容は3年前の襲撃時に暴漢が残した短刀の出所を探るというものだった。調査を開始したカリュケの前に立ちはだかったのは傭兵団の主宰ジェラルドとその親友グルトルデだった。
10672.jpgヨルムンガンド討伐戦・・・王党派執政の呼びかけに応じ古代恐竜ヨルムンガンド討伐隊に参加。
1532.08
リエヌ、リボルドウェ兵団を脱退・・・かつての恋人(?)リンドンとの決別以後守備隊の任を解かれていたリエヌにクイーンズゲート防衛戦への参加要請が届く。孤軍奮闘の末ミュエルトスの大群を撃退した彼女に次の要請、ポルトベルロに潜むブルロンの討伐任務が下る。ところが巣窟とされた場所にいたのはブルロンとは似ても似つかないブリスティア難民だった。さらに味方を見殺しにしようとするフェルッチオウォールでの耐え難い事件を経て、彼女はリボルドウェ兵団からの脱退を決意する。
1532.10
カリュケ瀕死の重傷を負う・・・ガブリエラ姫を襲った暴漢の一人ロストルドスへの出入りを監視するマモンスを締め上げたカリュケは、その依頼が傭兵団長ジェラルドのものと酷似した筆跡の手紙であったことを知る。真相の究明に手を貸すおねえと二人でロストルドスへ向かった彼女はマモンスとその一味に急襲され瀕死の重傷を負う。その直後に現れたのはグラシエルロたちの師匠プリッツだった。プリッツ師カリュケに対し、予てより彼女を見守っていたという謎の言葉と新スタンスの教本を残して立ち去った。
リオ、父親の死の真相を知る・・・
ペデリゴの娘アミラに想いを寄せたリオは、ペデリゴの口から、元オーシュ市長だった父レオナルドの死の真相を聞かされる。
1532.12
アバランチェレブナント討伐・・・ルデザービシハがもたらしたモントロ出現の情報からリリーンハートの洞窟に向かうと、そこに現れたのは巨大なアバランチェレブナントだった。これを討伐したその場所でモントロのメモを発見し、さらなる手掛かりを掴むために向かったトルシェー屋敷の図書室で、何と石化したコルテスを発見する。石化を解かれたコルテスシャロンと共に逃亡、モントロの手掛かりを失い激高するセルバだったがトルシェー博士の取りなしによってVirgin家と行動を共にすることに。
ハーフ大佐登場・・・リボルドウェに突如現れたグラシャルバルキリー、ハーフ大佐。彼女は新大陸各地に点在する大剣フラーダリの探索をイベントとして開拓者に課していた。
シエラ拉致未遂事件・・・失われた左腕を取り戻すための手掛かりを求めて沼地の魔女を訪ねたセルバはそこでシエラフェルッチオ公の落とし胤であることを知る。その直後、同行していたガルシアグラシエルロと共にシャロンによるシエラ誘拐の企てを未然に阻止する。
リボルドウェ地下水路からエラクへ・・・リボルドウェの地下水路で父ロレンジョの痕跡を見つけたエミリアブルーニイッジと共に地下水路に進出、その先に第3文明のエラクを発見する。
1533.01
10670.jpg戦士アニアの危機を救う・・・自分の過去を知られたくないナルの奸計によりエラクを追放されそうになるVirgin家。ナルの報告に不審を感じたカーン団長により、オクルタダンジョンでのハントを条件に追放を免除されることに。
1533.02
オクルタでロレンジョ博士の日誌を発見・・・カーンの条件を果たすために、Aruse家のYukoMiyuAkiranと共にオクルタへ潜入したセルバカリュケお嬢はそこで、ロレンジョ博士の日誌を発見する。その日誌にはロレンジョグルトルデとの浅からぬ因縁と共に星座の力について記述されていた。数日後カーンの課した全ての条件をクリアしたことで以後Virgin家はエラクへの出入りが自由となり、その際、自身の奸計を恥じたナルが我が家への帰属を申し出る。
ハーフ大佐、実験生物の駆除を呼びかける・・・2ヶ月前突然リボルドウェに現れたあのハーフ大佐が、今度は彼女たちの研究所から逃げ出した実験生物ゲハナマーの完全抹消を依頼するためオーシュに姿を現す。
1533.03
アルセンサーカス団副団長ヘレナがリボルドウェに現れる・・・サーカスで使うワイズベアーの捕獲を開拓者たちに依頼するため、アルセンサーカス団副団長のヘレナがリボルドウェに現れる。
逓信兵フランツが我が家へ・・・かつてグラシエルロと相まみえ命を落としたエボリテ教官と共に警備隊格闘団に所属していたコインブラ兵フランツエボリテの妹カミユの勧めもあって我が家の一員となった。
1533.04
タブカルの地下農園で新たな遺跡を発見・・・ブルーニお嬢がタブカル高原のカピバラ地下農園で遺跡を発見。そこで見つけた宝箱の中身を突然現れたバルキリークィーン(ハーフ大佐との説も)に奪われてしまう。
1533.05
10674.jpgアルセンサーカス団がリボルドウェへ現れる・・・ガブリエラ姫の離宮であるブルゴーニュ宮に滞在したサーカス団の団長アルセンとエラクとの関係が明らかとなり、チーム姉御アニアナルと共にブルゴーニュ宮殿へ乗り込む。直後、アニアはVirgin家への帰属を申し出る。さらにその戦いから逃れたアルセンを追い求め、今度は秘密の通路からアイリ単身で宮殿に潜入、倒れたアルセンの口から語られた彼らの目的は、エミリア抹殺だった。一方、宮殿から逃亡を図った副団長ヘレナシモンの手の者によって捕縛され、オーシュにある共和派の隠れ家に軟禁された。彼女はエミリアとの対面を望みその席でVirgin家への帰属を願う。
サーカス団のエミリーがアンドレを襲撃・・・先生とビオラケアの意外な関係が明らかに。
1533.06
エデュアルド帰還、セルバとの婚約解消・・・1年半ぶりにエデュアルドが帰還。その時セルバが下した哀しい結論は、婚約解消だった。
1533.07
カトリンズ、学校へ・・・四人のカトリンズが、中等教育を受けるためベスパニョーラにあるプルホレン財閥傘下の寄宿学校に入学。
46年ぶりの皆既日食・・・新大陸で46年ぶりの天体ショー。特に皆既日食帯の真下に位置するバハマル魔の沼では、6分間にわたる日食が観測され、その間、mobたちが凍りついたように動かなくなるなどの特異な現象が見られた。
10645c.jpg
1533.08

リオ、ソロコンサート・・・リオのコンサートがミ・カルヤライネンクレアの奔走で実現。海の見える丘に集った多くの聴衆を魅了した。
ミフユ、ハポンより新大陸に渡る・・・ハポンの美剣士柳生十兵衛深冬が武者修行のため新大陸にやって来る。かつての姉御の部下で現在は定期便の船長をしているリカルドの元に身を寄せながら修行を積み、約束の地セデクレムでマスター覚醒を果たした彼女は晴れてVirginの一員となることを願い出る。
1533.09
リボルドウェ、コインブラ、オーシュそれぞれの街に巨大モンスター襲来・・・二週間にわたり断続的な襲来があったが、開拓者たちの尽力で撃退。
1533.10
グラシエルロ16番勝負・・・プリッツの命でボス級モンスターとの16番勝負に勝利し、マーシャルアーツのスタンスを獲得。
グルトルデ、エンジを連れて旅に・・・後日、エキスパート、マスターハントを兼ねたベスパニョーラ本国の視察と判明する。
アンドレdeルー大柴が我が家へ・・・奇妙なイントネーションのルー語なる喋り口調が特徴的なLu-Ohことアンドレdeルー大柴が我が家にやって来た。
1533.11
00546b.jpg聖魔水の真実・・・
ロルクの父オルテガと兄ユルゲンがアルケルトモレッツァ大聖堂内でモンスター化しているのが発見され、聖魔水によりオルテガは正気を取り戻したものの、ユルゲンはモントロに連れ去られる。この事件の背景に、プルホレン家によるオーシュ市長リオの父)暗殺事件があり、そのためリオロルクは相次いでVirgin家を去る。
ハーフ大佐、各地に強力なモンスターを解き放つ・・・強力なモンスターを各地に解き放ちそれを討伐せよとの課題を引っ提げてハーフ大佐三度目の登場。解き放たれたモンスターは前回討伐した実験生物ゲハナマーの完成体だった。
個人商店統制令
・・・個人商店の開設がリボルドウェに制限される。これに伴い、これまでオーシュにしかなかったエンチャント、ソケット関連の各商店がリボルドウェにも誘致され、コインブラ、オーシュ弱体化を図るシャッター街政策として住民の恨みを買うことになる。
1533.12
ルー、逝く・・・我が家に居候していたLu-Ohが「goodbye!Virgin!」の言葉を残し、逝く。
(逝ったとばかり思われていたが4年後突然復活し周囲を驚かせることに!)
エラク兵団長の反乱・・・エラク兵団の長であるカーンによるハマン暗殺未遂事件。この陰謀を持ちかけられたアイリたちの機転で反乱は未然に阻止された。
コインブラオーシュに巨大モンスター襲来・・・9月に続き、再び巨大モンスターが襲来。

appendix 1534~ へ続く

(年代はすべてオルペシア歴、人物名の敬称は省略)


コメント(7) 

コメント 7

龍巫女

新規開設おめでとうございます!

ってか、GEの歴史を本気でまとめるとは!!!
圧倒的な内容量に感動しましたw

敢闘賞をあげたい気分です。
by 龍巫女 (2009-08-27 18:22) 

みぱ~

はじめまして!
そして、新規開設おめでとうございます!

ずーっと前から陰ながら応援しておりました(*-∀-)ゞ
いつもいつも、クオリティの高い記事に感銘を受けておりました。

もしよろしければ、相互リンクをお願いできますでしょうか。
新規開設でお疲れの所大変身勝手なお願いかと思いますが・・
何卒よろしくお願い致します!!

そして、これからも引き続き楽しい記事を待っています!
ではでは!
by みぱ~ (2009-08-27 19:36) 

emilia

龍巫女さん、こんばんは!

新Virgin家第一号コメント、ありがとうございます!

この年表は、公式に掲載された年代記にどうしても納得のいかない箇所があったので、どうせなら作っちゃえ!ということで、作成しました。
今は更新されていませんが、Libellus GE という素敵なサイトにあった設定と、公式の年代記、それに我がVirgin家の開拓記を融合させて、何とか納得のいく年表が作れたと思ってます。

龍巫女さんから敢闘賞をいただけそうですし、苦労した甲斐がありました、アハハ!

それでは、また一杯遊びに来てくださいね!
by emilia (2009-08-27 20:14) 

emilia

みぱ~さん、はじめまして!

コメントありがとうございます!とっても嬉しかったです!

リンクの件、こちらこそよろしくお願いします。さっそく掲載させていただきましたので、ご確認ください!

今後ともよろしくお願いします!
by emilia (2009-08-27 20:17) 

月城

エミリアさんこんばんは!!
新規開設「待ってましたっ!!」と喜んでおります。
そして色々な準備、お疲れ様です。
年表、ただただすごい、と感動しております。
(カトリンズ元気かな・・・・・)

これからも素敵なお話を楽しみにお邪魔させていただきます!!
ではでは。


by 月城 (2009-08-27 21:24) 

emilia

月城さん、こんばんは!

コメントありがとうございます!

年表を作成しただけで、第4章は終了!?なくらいお腹一杯になりました、アハハ!

またよろしくお願いしますね!
by emilia (2009-08-27 23:11) 

snoah

こんにちわ。

遅くなりましたが、新装開店おめでとうございます。
これからも楽しいお話を期待しております。

早速、こちらのブログにもリンクを貼らせていただきますね^^

*最近、忙しくて開拓はおろかBlog更新も。。。

ではまた。
by snoah (2009-08-29 07:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。