So-net無料ブログ作成
検索選択

回想録~アーケードの殺人鬼!?~ [回想録]

カフェセイウチ
05171.jpg

リサ 「それじゃ店番、お願いしますね」

ソホ 「いってらっしゃい」

05172.jpg

グラシエルロ 「ご当主、何処へ行くって?」

ウンボマ 「ふむ・・・リボルドウェのAruse邸に届け物らしい」

ソホ 「ところで、さっき言ってた草原の帝王って?」

ウンボマ 「懐かしい名だ」

ソホ 「もったいぶらず話してくれよ」

グラシエルロ 「あれはオレたちがまだveteran覚醒する前だった・・・」

------------------------------------------------------------------------

ウンボマ 「ふむ・・・ハビエル草原に草原の帝王というmobがいるらしい」

コインブラ中央埠頭
05173.jpg
クエスト「浮いているウンボマ」

グラシエルロ 「で?」

ウンボマ 「いや、で?ではなくてだな、何て言うか私たちは友だちだろ?友だちは助け合ったり、願いを聞いたりするモノだ・・・まぁ、それはそれで」

グラシエルロ 「何が言いたいんだ?」

ウンボマ 「ははは、つまりだ・・・どれだけ強いやつなのか、気にならないか?」

グラシエルロ 「べつに」

ウンボマ 「・・・」

グラシエルロ 「ま、あんたがどうしてもって言うなら、付き合ってもいいけどな」

ウンボマ 「おお、やっぱりお前は私が見込んだ友だ!」

ハビエル草原
05134.jpg05135.jpg

グラシエルロ 「ち・・・草原の帝王だって言うからどんなにスゴイやつかと思えば」

05136.jpg
(上のSSをクリックすると大きいサイズでご覧いただけます)

グラシエルロ 「足蹴にする価値もないやつじゃねぇか!」

05137.jpg

ウンボマ 「ふむ・・・確かに名前ほどではなかったな」

クィーンズゲート
05174.jpg

ウンボマ 「とにかく、私の願いを聞いてくれて感謝する・・・何か礼をしたいが望みはあるか?」

グラシエルロ 「そうだな・・・Mr.の店をよこせ」

ウンボマ 「!?」

グラシエルロ 「冗談だ」

------------------------------------------------------------------------

ソホ 「そんなことがあったのか・・・全然知らなかったな」

05421.jpg

グラシエルロ 「お前はグレイスの尻を追い掛けるのに夢中だったからな」
kiss in the Nest

ソホ 「ぅは!?」

ホセ 「おや?リサ殿は不在か?」

05422.jpg

グラシエルロ 「ご当主ならリボルドウェだぜ」

ホセ 「それは残念・・・それにしてもむさ苦しい店番たちだな」

グラシエルロ 「やかましい」

ホセ 「Mr.、久しぶりだな」

05423.jpg

ウンボマ 「ふむ・・・火砲匠殿も元気そうだ」

ホセ 「火砲匠とは、随分懐かしい呼び名を覚えてるな」

ソホ 「二人は知り合い?」

ホセ 「ま、狭いコインブラに住んでりゃいやでも顔を合わせるさ」

ウンボマ 「火砲匠殿は弱虫だったからな」

ホセ 「お、おい!?その話はよせって」

グラシエルロ 「いや、聞きたい!なぁソホ」

ソホ 「是非!」

ホセ 「仕方ない・・・」

------------------------------------------------------------------------

ホセ 「おい、そこのお前」

コインブラ正門前
05175.jpg

ウンボマ 「ふむ・・・私のことか?」

ホセ 「あぁお前だ、あれだろ?お前、アビシニア人なんだろ?」

ウンボマ 「それがどうしたというのだ?」

ホセ 「やっぱりそうだったか・・・アビシニア人たちは3年戦争以後、みんな帰ったと思っていたがな」

ウンボマ 「何か用か?」

ホセ 「お前たちは喧嘩が強いんだってな?喧嘩番長の俺を差し置いて、デカイ面はさせられねぇ・・・どれくらいやるのか、一勝負しようぜ」

ウンボマ 「・・・望むところだ」

ホセ 「ほぉ、勇気はあるようだ・・・だが、勇気か蛮勇かはやってみれば分からんがな、ワハハハ!」

05140.jpg
ミッション「ホセとウンボマ」

05138.jpg

ウンボマ 「ふむ・・・では遠慮なく!」

05142.jpg05143.jpg

ホセ 「ぅげげぇ!?」

05144.jpg

ウンボマ 「もう終わりか?」

05139.jpg

ウンボマ 「・・・弱虫」

05176.jpg

ホセ 「!?」

ウンボマ 「弱虫」

ホセ 「ちぇッ・・・まぁいいよ、認めてやる、噂で聞いた通り喧嘩も結構やるようだな」

ウンボマ 「弱虫」

05146.jpg

ホセ 「くああッ、このやろう、いいかげんにしろ!わかった!勝手に絡んで悪かった、俺が謝る!」

ウンボマ 「ふむ・・・」

------------------------------------------------------------------------

ソホ 「それっていつ頃の話だい?」

05424.jpg

ホセ 「まだ俺が火砲匠なんて呼ばれて頃の話だから・・・」

グラシエルロ 「そう言えば、うちのご当主にも喧嘩を売ったことがあるんだって?」

ホセ 「前世で一回な」 戻って来た火砲匠

ソホ 「現世では?」

ホセ 「こてんぱんにやられた・・・アデリーナに」ホセ・コルタサル

グラシエルロ 「ふ、喧嘩番長が聞いて呆れるぜ」

一同 「ワハハハ!」

ソホ 「昔話と言えば、Mr.が殺人犯にされそうになったこともあったっけ」

05177c.jpg

グラシエルロ 「ん?それは初耳だ」

ホセ 「そいつは面白い!」

ウンボマ 「・・・」

------------------------------------------------------------------------

老人 「ア、アビシ、アビシニア人!」

オーシュグラングマアーケード
05178.jpg
クエスト「濡れ衣を着せられたウンボマ」

ソホ 「おい、ご老人、アビシニア人がどうしたというのだ」

老人 「ごめんなさい、ごめんなさい!命ばかりはお助けください!」

ウンボマ 「ふむ・・・一体どうしたと言うのだ?」

老人 「う、うああっ!助けて!アビシニア人が私を殺す!」

05148.jpg

ウンボマ 「だから、一体何のことなのか聞いているではないか」

05149.jpg

Johann 「みんなそこを動かないで!」

老人 「警備兵様!この年寄りを助けてください!こ、この、アビシニア人が弱い年寄りを殺そうとしてます!」

Johann 「本当ですか!」

ウンボマ 「いや、私は何もしていないぞ?」

Johann 「何をしたかはこれから調べてみなければ分かりません、ちょっと私と一緒に来てください・・・本当に潔白なら怖がる必要も無いでしょう?」

05425.jpg

ウンボマ 「くッ、貴様は私を怒らせてしまった、ソホ、お前からも何とか言ってくれ!」

Johann 「この人の仲間ならあなたも一緒に来てください」

ソホ 「何が何だか分かりませんが何やら誤解がありそうですね・・・私たちはVirgin家の者です、逃げも隠れもしませんよ」

Johann 「Virgin家?あの?信じられませんね、もし、他の家門を詐称するのであればさらに重い処罰を受けることになるでしょう・・・さ、調べますからこちらへ!」

ソホ 「話にならないな・・・これが証拠ですよ」

05463.jpg

Johann 「ヌネズ閣下の推薦書!?し、失礼しました!Virgin家の方とあれば今回の件とは無関係でしょう、すみませんでした!」

ウンボマ 「ふむ・・・詫びはいいから、何があったのか話せ」

Johann 「実は・・・最近、連続殺人が起こったせいで、市民の間に不安が広がっているのです」

05426.jpg

ソホ 「連続殺人!?」

ウンボマ 「それとアビシニアとどんな関係があると言うのだ」

Johann 「それが・・・今回の事件の容疑者がアビシニア人なのです、そのせいで・・・改めてお詫びします」

ウンボマ 「我々誇り高きアビシニア人が殺人者だと?それは確かなのか!」

Johann 「も、もちろん、100%確実というわけでは・・・」

ウンボマ 「それじゃ何か?アビシニア人を見つけたら何はなくともとりあえず捕まえてみるとでも言うのか!」

Johann 「すみません、すみません!」

ウンボマ 「ちッ・・・不愉快だ、我々はもう行く」

05427.jpg
クエスト「事件の真犯人」

ソホ 「いいのか?このままで」

ウンボマ 「ふむ・・・今一度あの男に話を聞いてみるか」

オーシュ都庁
05428.jpg

Johann 「あ、あなた方は先ほどの」

ウンボマ 「貴様を殴りに来たのではない・・・詳しいことを聞かせてもらおう、一度は殺人犯にされかけたんだ、それくらいの権利はあるだろう?」

Johann 「それが、ちょっと前から殺人事件が起きていまして、今月だけでも3人が殺されました・・・被害者の間にはこれといった繋がりはありませんでした」

ウンボマ 「犯人がアビシニア人だということは確かなのか?」

Johann 「目撃者がいました」

ウンボマ 「それは誰だ?」

Johann 「職務上の秘密事項ですが、お二人にはお話ししなければなりませんね・・・トンネルを根城にしている少年です」

ウンボマ 「ふむ・・・」

Johann 「もし真犯人を見たら、是非情報提供をお願いします」

ウンボマ 「・・・」

オーシュ工房通りトンネル
05179.jpg

ティビュロン 「あんたら誰?何をじろじろ見てるんだよ」

ウンボマ 「ふむ・・・お前が目撃した殺人犯についてだ」

ティビュロン 「はッ・・・!あんまりでかい声で言うなよ!い、一体どこから嗅ぎつけてきたんだよ!?」

ウンボマ 「知っているのだな?」

ティビュロン 「ちくしょう、一体誰からその話を?くそッ、あの警備兵のやつだな!」

ウンボマ 「・・・」

ティビュロン 「まぁ仕方ない、おい、でかい声を出すんじゃないぞ、そいつは本当に残忍な・・・」

05151.jpg

殺人犯 「誰が残忍だって?あん?」

ティビュロン 「うぁ!?ぎょえええぁぁああ!な、何でもないです!ないですよ!」

殺人犯 「何でもないってことはないだろう?何の話だったんだ?俺もちょっと混ぜろよ、あん?」

ウンボマ 「おい」

殺人犯 「ほぉ~アビシニア人じゃないか・・・こんなところで同胞に会えるとはな」

ウンボマ 「馴れ馴れしくするな・・・単刀直入に聞くが、最近起こっている事件はお前の仕業か?」

殺人犯 「お?一体何の話だか俺にはさっぱりわからないね・・・おいチビすけ、お前には何の話なのかわかるか?」

05181.jpg

ティビュロン 「い、いえ、私は、私は・・・ただ・・・」

ウンボマ 「黙れ・・・都庁まで一緒に行ってもらうぞ、潔白なら怖がることもあるまい?」

殺人犯 「あん?上等だ!だが俺はこの街に住んでいる奴らのアレルギーがあってだな、余計なことをしゃべったら俺も怒っちゃうよ?あん?」

05153b.jpg

ウンボマ 「寝言は寝て言え!」

05154.jpg
ミッション「事件の真犯人」

殺人犯 「けちょんけちょんにしてやるぜ!」

ウンボマ 「ふむ・・・それは無理な相談だな」

殺人犯 「んだとぉ!?」 

05155.jpg

殺人犯 「げぇえッ!?」

05156.jpg

ソホ 「悪いけど、手加減はしないぜ!」

05153.jpg

ティビュロン 「凄いよ!あいつに勝てるなんて!?」

ウンボマ 「ふむ・・・正義は勝つものだ」

05180.jpg

ティビュロン 「早く連れて行って監獄にぶち込んでくれ!」

オーシュ都庁
05158.jpg

Johann 「いらっしゃい、何か事件について・・・ん?その男・・・まさか」

05159.jpg

殺人犯 「ち・・・ヘタこいたぜ」

ウンボマ 「そう、こいつが犯人だ」

殺人犯 「・・・」

警備兵 「ご、ご苦労さまでした!犯人の身柄は私たちが引き取ります・・・これでオーシュの住民たちは安心して夜を迎えることができるでしょう!」

------------------------------------------------------------------------

グラシエルロ 「なるほど・・・確かに夜道でMr.には出遭いたくないもんなぁ」

05429b.jpg

ウンボマ 「ん?どういう意味だ?」

グラシエルロ 「ぁ、いや、冗談だよ」

ソホ 「あの時の警備兵がプリスの彼氏だったなんて、後で知って驚いたよ」

ホセ 「なかなか世間は狭いな」

パンファルロ 「何だか楽しそうだなぁ、おいらも混ぜてくれぃ!」

05430b.jpg

ソホ 「料理長、今、Mr.の昔話で盛り上がってたところですよ」

パンファルロ 「ん~、Mr.の昔話ならおいらにも心当たりがあるぞ」

グラシエルロ 「ホームシックの話か?」

パンファルロ 「それそれ、その話だ」

ウンボマ 「お前たち・・・何故、私を肴にする」

05431b.jpg

ホセ 「それだけMr.が愛されてるってことじゃないか?」

パンファルロ 「その通り!」 

ウンボマ 「ふむ・・・そうか」

------------------------------------------------------------------------

ウンボマ 「ふ・・・」

コインブラ中央埠頭
05432.jpg
クエスト「憂鬱そうなウンボマ」

グラシエルロ 「何だ何だ、溜息なんてついて」

ウンボマ 「ふむ・・・やはり戦争が終わった時、国に戻るべきだったか」

グラシエルロ 「何を今更・・・もしかして、またホームシックか?」

ソホ 「Mr.のホームシックは、故郷の料理で直るんだろ?」
故郷の味

グラシエルロ 「おぉそうだった、さっそく料理長に相談だ」

ウンボマ 「・・・」

Virgin邸前
05433.jpg

パンファルロ 「ハッハッハッハッハ-、Mr.がまたホームシックだって?そういや腐った魚みたいな顔してるぜ」

ウンボマ 「・・・」

パンファルロ 「ぉ~し!Mr.の気が晴れる渾身の料理を作ってやろう!」

ウンボマ 「ほ、本当か?」

パンファルロ 「任せとけって、とっておきの料理のアイディアが浮かんだところだ」

グラシエルロ 「で、また材料を集めろってか?」

05434.jpg
クエスト「ウンボマのための料理(1)」

パンファルロ 「なかなか飲み込みが早いぞ赤髪!材料は三種類、ジャックオランタンの目玉、焼けた骨、ディンゴの肉だ・・・焼けた骨はセレステ湖にいるファイアスケルトンからだ」

ソホ 「ジャックオランタンってのは?」

パンファルロ 「火の島にいるmobだよ・・・おいらが行きたいのは山々なんだがな」

ソホ 「ロサ・ブランカ嬢には逢いたいけど、カルさんの眼が光ってる・・・ですか?」
楽園へ!

パンファルロ 「そこまで言うな」

グラシエルロ 「それにしても、こんな材料で何を作るってんだ?」

パンファルロ 「ハッハッハ、それは企業秘密だ・・・心配するな、世界の常識を覆す素晴らしい料理を作ってやるからリボルドウェの店まで持ってきてくれ!」

火の島入り口エリア
05161.jpg05184.jpg

セレステ湖
05162.jpg05182.jpg

ウスティウルジャングル第1区域
05163.jpg05183.jpg

パンファルロ 「全部集まったか?ウォオ!さすがだな!どれどれ・・・ジャックオランタンの目玉、焼けた骨、ディンゴの肉、素晴らしい!」

グラシエルロ 「それでいいんだろ?」

リボルドウェ 料理長の店
05435.jpg

パンファルロ 「もちろん、そう、私が前に考えた料理だったら・・・」

グラシエルロ 「前に考えた料理だと?」

パンファルロ 「実は、君たちが材料集めに行ってる間に、さらにファンタスティックな料理が浮かんだってことさ」

グラシエルロ 「・・・まさか」

05436.jpg
クエスト「ウンボマのための料理(2)」

パンファルロ 「ワッハッハ!そんな眼で見たって私は動じないぞ・・・何てたってMr.のためなんだからな、さぁ、もぉちょっと手伝ってくれ!」

ソホ 「次は何を?」

パンファルロ 「ディンゴと同じジャングルにギムレッドという巨大な植物がいただろ?」

グラシエルロ 「そいつの肉片でも持ってこいってか?」

パンファルロ 「この私を一体誰だと思ってるんだ?炎の戦闘料理人だぞ?誰でも考え付きそうな材料などは使わんのだ」

グラシエルロ 「講釈はいいから早く言えよ」

パンファルロ 「今回、スペシャル料理のトリを飾る材料は・・・ギムレッドの尻尾だ!忘れるなよ、手に入れるのはかなり難しいだろうが、全く傷の無い尻尾だけだぞ!」

ウンボマ 「ふむ・・・人間が食べられる料理になるんだろうな?」

パンファルロ 「心配するなって・・・顎が外れて飛び出すくらいの感動的な料理を作ってやるさ!」

ウスティウルジャングル第1区域
05165.jpg05185.jpg

パンファルロ 「うおおお!かっこいい!傷が全然無い尻尾だ!」

05437.jpg
クエスト「ウンボマのための料理(3)」

パンファルロ 「では、最後にもう一つだけ頼む」

グラシエルロ 「ぁんだってぇ!?」

パンファルロ 「ハッハッハ、そんな白い眼で見てもこの炎の戦闘料理人の情熱を消すことはできないぞ!必要なモノは簡単だ、カビルスの胆が欲しい・・・汁を搾るから十分な量が必要だが10もあればいいだろう、さ、頼んだぞ!」

ウスティウルジャングル第3区域
05164.jpg05186.jpg

パンファルロ 「間違いない!この傷一つない胆!素晴らしい!で・・・それでだ」

05438.jpg

グラシエルロ 「いい加減にしろよ!」

パンファルロ 「喜べ!さらに素晴らしいアイディアを思いついたぞ!一つだけ頼まれてもらおう!今回が本当に最後の戦いになるはずだ!」

グラシエルロ 「なるはずだ・・・と?その前に料理長をぶっ飛ばしてからでいいか!」

パンファルロ 「ハッハッハッハッハ!君には冗談が通じないようだな!残念だがこれ以上の材料は必要ない・・・ではこれから炎の料理人のクッキングショーをお見せしよう!」

05170.jpg

パンファルロ 「いくぞぉぉおおおお!必殺・・・ふぁああああっ!そうだ、もっと私に熱い視線を注ぐのだ!それが炎となり料理を芸術の域まで高めるエネルギーとなるのだ!さぁ行くぞ!必殺・・・!ふぉおおおおおおおあああーーー!ていっ!!でぇい!!!どおぉうりゃあああああああああああああああ!!!」

グラシエルロ 「な、一体何が起こってるんだ!?」

ソホ 「さぁ?」

パンファルロ 「完成だああぁぁ!おい、そこのアビシニア人よ、さっそく食するんだ!」

05166.jpg

ウンボマ 「こ、これを食べるだって!?冗談じゃない!!!」

パンファルロ 「ハッハッハッ、そこまで感激するなんて私も嬉しいぞ・・・さぁ、私の血と汗と肉と魂が込められたこの芸術を早く食べるんだ!」

ウンボマ 「・・・」

05167.jpg
・・・もぐもぐ
05168.jpg
・・・もぐもぐ?
05169.jpg
・・・ゴクリ!?

パンファルロ 「どうだ?俺の会心の料理は?」

ウンボマ 「ふむ・・・美味い・・・何だこれは・・・宇宙・・・そう!壮大な宇宙を感じるぞ!この料理の前では私など何と矮小で情けない存在だったか・・・」

05439.jpg
クエスト「強くなったウンボマ」

グラシエルロ、ソホ 「!?」

パンファルロ 「そうだろうそうだろう、幻想的な味だろ?」

ウンボマ 「あぁ、その通りだ、これからはどんな難関が待ち受けていたとしても、強く乗り越えて行けそうだ」

パンファルロ 「・・・ぉ~いMr.」

ホセ 「寝てるのか?」

パンファルロ 「あぁ、まるで天使の寝顔だぜ」

ウンボマ 「・・・ん」

------------------------------------------------------------------------

リサ 「あらあら、みなさんお揃いで・・・どぉかなさって?」

05440b.jpg

ウンボマ 「ご当主、私はこの命ある限り必ずお力になりましょう!」

リサ 「え?」

グラシエルロ 「おいおい、突然どうしたってんだ」

パンファルロ 「おいらの絶品料理を食った夢でも見てたんじゃないか?」

ホセ 「いやいや、ワシにまぐれで勝ったことへの照れ隠しかもしれんぞ?」

ソホ 「ま、殺人犯の濡れ衣を晴らしたのはボクだけどね」

男たち一同 「ワハハハ!」

リサ 「???」

こんばんは、Virgin家の四女エミリアです。今夜は、ご覧頂いたように回想録シリーズの第3回、危うく殺人犯にされかかったMr.のお話を中心にお送りしました。それでは、またお逢いする日までおやすみなさ~い!

-

グラナドエスパダ・ブログ [左斜め上] 気に入っていただけたらクリックお願いします[るんるん][るんるん]


コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 2

はまワンこ

待ってました!!! これです!!!!


Mr.のこの顔w、この表情w。
これはウンボマさんのお堅いイメージを一新させるSSですよね~。

MiyuさんもMr.に対する印象変わるんじゃないかなぁ・・・・。
愛嬌あるというか、ぶっちゃけお間抜k(ry

あ、これ以上書くと、Miyuさんの腕輪がキラリッと光ってワンこの身が危ないのでやめておこう。


あえて5/31UPデートに触れない                  はまワンこ

by はまワンこ (2011-05-22 10:18) 

emilia

はまワンこさん、こんにちは!

お待たせしました!Mr.のビックリ顔、ご堪能いただけたでしょうか???

Mr.の回想録を公開したことで3月のアップデート関連記事は底を尽き、これといったイベントの無い昨今、早くもblogネタに事欠く始末。敢えて触れずにおかれた今回のアップデートでもネタは増えそうにないし。う~ん、どぉしましょう・・・ハァ。

ま、それでもあと数本分アイディアはあるので、とりあえずそこまで頑張ります!

また遊びに来てくださいね!

by emilia (2011-05-22 14:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。