So-net無料ブログ作成
検索選択

愛と正義の美少女マジシャン(自称)?! [オリジナル]

レイヴン 「ぉ・・・!」

キエルチェ平和の広場
14374.jpg

レイヴン 「お嬢さん、そこのカフェでお茶でもいかがですか?」

レイヴン 「・・・(って赤目!JDといいこの娘といい最近のブリスティアは赤目がトレンドなのか?)」

イリュージョン 「誰?」

レイヴン 「コレは失礼、私はレイモンド・ブリア、しがない開拓者です」

イリュージョン 「開拓者・・・いいわよ、お茶、つき合うわ」

レイヴン 「ホントですか?!」

イリュージョン 「何故そんなに驚くの、レイモンドさん?」

14375.jpg

レイヴン 「ぁ・・・人はみなレイヴンと呼ぶので、そのように呼び捨てで」

イリュージョン 「わかったわレイヴン、で、何故驚いたの?」

レイヴン 「ハハハ、この手の声かけで成功したのは数えるほどなんで・・・」

イリュージョン 「でしょうね」

レイヴン 「へ・・・?」

イリュージョン 「いいから早く行きましょ」


青空カフェ
14376.jpg

イリュージョン 「あなた、開拓者って言ってたけど、グラナド・エスパダから来たの?」

レイヴン 「ぁ、いや・・・元々はこのブリスティアで軍に関わっていたんだ」

イリュージョン 「なるほど・・・戦争に敗れた後、新大陸へ逃げ出した一人ってわけね」

レイヴン 「ま、平たく言えばそうなるが・・・」

イリュージョン 「大変だったのね・・・ご苦労さま」

レイヴン 「ぉ・・・おぅ」

ガルシア 「先輩、こんなところで何を・・・」

14377.jpg

ガルシア 「あれ?あんた、この前の・・・?」

レイヴン 「なんだガルシア、知り合いか?」

ガルシア 「えぇ、商店街で新大陸のことを色々と聞かれて」

レイヴン 「ほぉ」

イリュージョン 「へぇ、あなたたち先輩後輩の間柄だったんだ・・・奇遇ね」

レイヴン 「時にお嬢さん、とりあえず名前を聞かせてくれないか?」

14378.jpg 

イリュージョン 「・・・イリュージョン!!人は私をそぉ呼ぶわ」

レイヴン 「イリュージョン・・・?(痛い女なのか・・・?)」

イリュージョン 「聞いたことあるでしょ?」

14379.jpg

レイヴン 「いや・・・全然」

イリュージョン 「う・・・嘘よ!そっちの君は?」

ガルシア 「・・・残念ながら」

14380.jpg

イリュージョン 「もぉ!愛と正義の美少女マジシャン、イリュージョンを知らないなんて、あなたたち、この街で一体何をしていたの?!」

レイヴン 「ケス総督の手伝いを・・・」

イリュージョン 「ぇ?」

ガルシア 「ブリスティア独立宣言の際に勲章を・・・」
Dejame Volver

14381.jpg

イリュージョン 「嘘っ??!」

こんばんは、Virgin家の四女エミリアです。今夜、また新たに加わった家族をご紹介します!愛と正義の美少女マジシャン(自称)イリュージョンです!街で偶然声をかけた(ナンパともいう・・・)レイヴンとの出会いをきっかけに我が家に加わることになった彼女を、よろしくお願いしますね!

イリュージョン 「私、この街を出て開拓者になりたいの」

青空カフェ
14382.jpg

レイヴン 「それはまた何故?」

イリュージョン 「この街は随分と静かになったわ・・・私が身体を張って守る必要がないくらい」

ガルシア 「この街を守る?」

ヘイラン 「あら、2対1で女性を口説くなんて、紳士じゃないわねぇ」

14383.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

ガルシア 「マ・・・マダム、それは誤解です!」

レイヴン 「べつに口説いてるわけじゃありませんよ」

ヘイラン 「なぁんだ、そぉなの・・・あら・・・?あなた、もしかしたら・・・イリュージョン?」

レイヴン 「マダムは知ってるのか、この女性<ひと>を?」

ヘイラン 「この街の裏側を知ってる者なら少なからずその名前に聞き覚えはあるわ・・・愛と正義の美少女マジシャン、だったかしら?」

イリュージョン 「赤い帽子のマダムに知られていたなんて、光栄だわ」

レイヴン 「つまり、どういうことなんだ?」

14384.jpg

ヘイラン 「この子、徘徊する盗賊たちから夜の街を守ってたのよ・・・ブラックコブラと一緒にね」

イリュージョン 「ブラックコブラ?!あんなやつと一緒にしないで欲しいわ!」

ヘイラン 「でも、やってたことは一緒じゃない」

イリュージョン 「断じて違うわ!私は街の人々が安心して眠りにつける夜を取り戻すために戦ってたの・・・それなのにあの男は!」

------------------------------------------------------------------------

あれは現総督が就任してすぐのことだったわ・・・

キエルチェ(夜間)
14366.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

私は盗賊たちを退治するため毎日のように夜間のキエルチェで戦いを続けてた

14365.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

イリュージョン 「イリュージョンストレート!!」

14361.jpg
(上のSSをクリックすると原寸大でご覧いただけます)

イリュージョン 「ノー!トリック!」

14362.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

そんな中で編み出した大技は一つや二つじゃなかった・・・

14363.jpg
(上のSSをクリックすると原寸大でご覧いただけます)

イリュージョン 「イリュージョンミラー!」

14364.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

マジックを取り入れた斬新なスキルの数々・・・

14367.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

イリュージョン 「ラブリーウィンク!!」

イリュージョンギャルドと名付けた独自のスタンスは無敵だった・・・

14369.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

そんなある日、あの男と出くわしたの

14370.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

イリュージョン 「ちょっと!なによろけてるのよ!?」

ブラックコブラ 「てやんでぃ!よろけたんじゃなくて、アクロバティックな射撃術を披露してたんだ!」

イリュージョン 「どぉだか・・・」

14406.jpg
(上のSSをクリックすると原寸大でご覧いただけます)

ブラックコブラ 「嬢ちゃん、なかなかやるじゃねぇか」

14371.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

イリュージョン 「あなた、もしかしてブラックコブラなの?」 

ブラックコブラ 「そういうお前さんは、近頃売り出し中の“愛と正義のマジシャン”ってやつなんだろ?」

イリュージョン 「だったら、何?」

14372.jpg

ブラックコブラ 「あまり弾けなさんな・・・可愛い顔が切り刻まれたら悲しいだろ?」

イリュージョン 「何それ?!まさか、脅し?」

イリュージョン 「・・・噂は本当だったみたいね!」

ブラックコブラ 「噂?」

14373.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

イリュージョン 「あなた、こいつらの仲間なんでしょ?!」

ブラックコブラ 「ハァ?何を言ってるんだ?」

イリュージョン 「まぁいいわ、いずれ尻尾を掴んで決着をつけてあげる!」

ブラックコブラ 「ヘッ、楽しみにしてるぜ!」

------------------------------------------------------------------------

イリュージョン 「確かにあの男も盗賊たちを追い払ってはいたけど・・・」

青空カフェ
14385.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

イリュージョン 「でも、どちらかと言えばちょっと懲らしめて逃がしてやってるようにしか見えなかったわ」

ヘイラン 「なるほど・・・正義の味方らしい言葉ね」

イリュージョン 「どぉいう意味?」

ヘイラン 「ブラックコブラはあの盗賊たちの出自を知ってるの・・・だから闇雲に殺傷することを迷ってたのよ」

イリュージョン 「それは詭弁だわ・・・たとえ彼らに事情があるとしても、今、そこで暮らしている人間を恐怖に陥れ平穏を奪う権利は無い!」

レイヴン 「そのために総督が決断したんだよ」

14386.jpg

ガルシア 「盗賊たちを煽動して街の治安を壊した元凶を討ち滅ぼしたんだ」

イリュージョン 「そ・・・そぉなの?それでこのところ盗賊共の数が減ったの?郊外の森も静かになったし・・・それもこれもみんなあなたたちが?」

レイヴン 「俺たちは総督の意向を受けて手伝っただけさ」

ガルシア 「僕たちの属する家門をあげてね」

イリュージョン 「もしかして・・・マダムもその家に?」

ヘイラン 「えぇ、お世話になってるわ」

14387.jpg

イリュージョン 「その家門に私も入れないかしら?!」

ヘイラン 「そぉねぇ、多分、大丈夫だと思うわ」

ガルシア 「ご当主は、来る者は拒まず、去る者は追わず、老若男女国籍出自その他諸々一切不問、という立場だからね」

レイヴン 「なら、この俺が・・・」

ヘイラン 「ねぇ、それだったら、私と一緒にご挨拶しに行きましょ」

レイヴン 「マダムが?!」

14388.jpg

ヘイラン 「うふっ、ここは私に譲ってくださらない?なにせ、お世話になってばかりいたのにお礼にも行ってないし、ちょうどいい機会だから」

レイヴン 「でも店は?」

ヘイラン 「一日二日ならレインとレアに任せておけば大丈夫・・・そぉだ、どぉせならバレルさんも連れて行っちゃおうかしら?あの人もまだご挨拶を済ませてないはずだし」

イリュージョン 「バレルさんというのは?」

ヘイラン 「理髪店の店主・・・元ブリスティア軍人よ」

14389b.jpg

イリュージョン 「それって裏路地にある理髪店?」

ヘイラン 「えぇ、そぉ」

イリュージョン 「あそこ、営業してたんだ・・・たまに若い店員を見かけることはあったけど、店のご主人を見たことはなかったな」

ヘイラン 「ま、夜中に活動した時は、朝から夕方まで寝てるか飲んだくれてるからねぇ」

イリュージョン 「夜中に活動って、一体何をしてるの?」

ヘイラン 「うふッ、その人がブラックコブラよ」
飲んだくれの理髪師

14390.jpg

イリュージョン 「ぇええ?!!!?」

ヘイラン 「彼と同じ家門じゃ嫌かしら?」

イリュージョン 「・・・いえ・・・構いません・・・是非、お願いします!!」

レイヴン、ガルシア 「ぉおッ」

ヘイラン 「こらそこっ、何よ、そのガッツポーズは?」

14391b.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

ぁはは、男の人ってどぉしてこぉ美人さんに弱いんでしょうね・・・!

というわけで 

ヘイランバレルさんと共に新たな家族イリュージョンコインブラへやって来ました!

カフェセイウチ
14394.jpg
(上のSSをクリックすると拡大してご覧いただけます)

この日の夜はバレルvs姉御の大酒豪決定戦で家族一同(もちろん成人のみ!)、大いに盛り上がったのは言うまでもありません、ァハハ!

_

グラナドエスパダ・ブログ [左斜め上] 気に入っていただけたらクリックお願いします[るんるん][るんるん]


コメント(2) 
共通テーマ:ゲーム

コメント 2

Sina

今晩は
愛と正義の美少女マジシャン、何だかよく分からないけど良いですね。ストーリーと関係ないキャラだとクエを作る必要もないから楽ですし、それなりに儲かると思うのか、若グレだのボネだの誰それのお友達だのと次から次へと出してきます。

進歩の無い似たようなスキルはMMOの限界だろうから仕方ないとして、どうせならセーラームーンみたいに、もっと馬鹿っぽいコスにしてくれたら面白かったのに、と、文句を言いつつもマスターまで上げましたが、こうしてスクリーンショットを良く見てみると、スキルのエフェクトは綺麗ですね。おかげで少し愛着が湧いてきます。

・・・相変わらずレイヴンとガルシアのコンビは。
by Sina (2014-02-01 22:36) 

emilia

Sina さん、お久しぶりです!

課金NPCのスペシャルセットが5800円、当時は高いと思ってたけど、前回の雪シャルリンに続いて今回のイリュージョンもガチャ+ルレのレア景品パターンとなり少々萎えてます。(ちなみに本記事のイリュージョンは運良くハード宮殿産です)セレーネや若ボネはポイント加算型報酬として確実に手に入れられたのに・・・。

レイヴン、ガルシアのコンビは英雄帰還エピソードから完全に吹っ切れたみたいです!今となっては料理長さんと並ぶ我が家の貴重なギャグ要員(!?)。果たしてシリアス路線に戻ることが出来るのかどぉか・・・ぁはは。

また遊びに来てくださいね!



by emilia (2014-02-02 06:38) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。